【陸上】川内優輝、マラソン「サブ20」100回がギネス記録に認定

川内優輝 (C)Getty Images

男子マラソン川内優輝あいおいニッセイ同和損保)が達成したフルマラソンでの2時間20分以内の完走数(100回)が2日、ギネス世界記録として認定された。

◆川内が公開した、短期間で「2時間8分台」を2度記録した際の練習メニュー

川内は、学習院大時代に参加した2009年2月1日の別府大分毎日マラソンで初めて2時間19分26秒の「サブ20」をマーク。その後は公務員ランナーとして活躍し、国際大会でも結果を残した。

2019年にはプロランナーに転向。2020年の防府読売マラソンでは2時間10分26秒でゴールし、100回目の「サブ20」を達成していた。

2月28日に行われたびわ湖毎日マラソンでも、8年ぶりに自己記録を更新する2時間7分27秒をマークしている。

『紅』よりも…川内優輝の語った、本当によく聴くX JAPANの曲

文・SPREAD編集部

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします