【プロ野球/打撃のキーマン】巨人・坂本勇人、好相性の広島・野村祐輔から固め打ちなるか

(C)Getty Images

10日の試合では、ロッテ・マーティンが2打席連続本塁打を放つなど猛打賞の活躍でチームの勝利に貢献。現在本塁打ランキングでトップを走るマーティンだが、今季ここまで全12安打のうち本塁打が7本と驚異的な数字を残しており、攻撃的2番打者としてこのペースをどこまで維持できるか注目だ。

投手vs打者の対戦データから読み取った打撃の「キーマン」はこの選手だ。

◆【プロ野球/11日予告先発】8日に中継ぎ登板のソフトバンク・松本裕樹が先発マウンドへ

広・野村 vs 巨・坂本「過去3年で4割超えの“お得意様”」

10日まで5試合連続安打を記録するなど、徐々にエンジンがかかってきた巨人・坂本勇人だが、広島・野村祐輔は大の“お得意様”。過去3年の対戦打率は.440となっており、本塁打も2本放っている。今季の坂本はここまでデーゲームの成績がナイターを上回っていることも、固め打ちに向けてさらなる追い風となりそうだ。

20年 .600 5 3 1 1 0
19年 .364 11 4 1 2 1
18年 .444 9 4 0 0 1

日・加藤 vs オ・吉田正「左投手を苦にせず、加藤とも好相性」

チーム打率.213と貧打に苦しむオリックスにあって、ここまで打率3割キープと孤軍奮闘中の吉田正尚日本ハム・加藤貴之に対しても過去3年間いずれも高打率を記録している。「左対左」の今季成績も3割超えとなっており、チームを救う一打への期待が高まる。

20年 .667 3 2 0 0 0
19年 .375 8 3 0 0 0
18年 .444 9 4 0 0 2

中・小笠原 vs ヤ・西浦「18年は打率.714の固め打ち」

これまでヤクルト・西浦直亨中日・小笠原慎之介の対戦機会は決して多くないが、2018年は7打数5安打1本塁打と打ち込んだ。8日には今季初の猛打賞、10日もしっかり長打を放つなど打撃の調子は上向き。下位打線のポイントゲッターとして、小笠原にプレッシャーをかけていきたい。

20年 .333 3 1 0 0 1
19年 未対戦
18年 .714 7 5 1 2 0

◆ヤクルト・奥川恭伸が発揮した「修正力」 19歳らしからぬ大胆さでプロ初勝利

◆千賀の教えで変身!ソフトバンクの新たな育成の星候補 監督も高評価

◆阪神・ドラ1佐藤輝は厳しい内角攻め続いても自分のスイングを 谷佳知氏が指摘

テータ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします