【フローラS/馬場情報】東京は「芝:良/ダ:良」でスタート、芝のクッション値はやや硬めの「10.3」

第56回フローラS(GII、東京芝2000m)が行われる東京競馬場の馬場情報が25日、JRAより発表された。

東京の芝は良、ダートは良の発表。芝のクッション値は前日のやや硬め「10.0」から、「10.3」となった。

東京競馬場(府中市)付近の天気は12時から15時まで降水確率が30%で「1mm程度の降雨」の予報。フローラS発送時刻の馬場に影響はなさそうだ。

25日午前に計測された東京芝・ダートの含水率、芝のクッション値は以下のとおり。

■当日/4月25日(日曜)

含水率
┗直線=芝13.1%|ダ2.1%
┗4角=芝14.9%|ダ1.9%
芝のクッション値=10.3[やや硬め]

■参考/前日 4月24日(土曜)

含水率
┗直線=芝15.2%|ダ2.2%
┗4角=芝13.7%|ダ2.4%
芝のクッション値=10.0[やや硬め]

■参考/前年 4月26日(フローラS当日)

含水率
┗直線=芝13.0%|ダ3.4%
┗4角=芝13.6%|ダ4.1%
芝のクッション値=未計測
※芝のクッション値は2020年9月11日から公表

◆【フローラS/追い切りジャッジ】調整順調「S」評価のユーバーレーンは勝ち負け必至

◆【フローラS/枠順】ユーバーレーベンの2枠は過去10年で3勝 データ傾向「ローテ・脚質・枠順・人気別」

◆【フローラS/データ攻略】ソダシを止める馬は?「内枠」「出世時計」から浮かび上がる2頭の可能性

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします