【かしわ記念/3連複5点勝負】カフェファラオに警鐘、フェブラリーS組の着順が入れ替わる理由

■かしわ記念、3連複5点勝負の結論

◯インティ、▲カフェファラオの一角が崩れた場合の抑えとして、前残りのフェブラリーSで末脚不発の△ソリストサンダー、△サンライズノヴァ。2頭は過去早めに動く競馬で結果を出したこともあり、この8枠は動きやすい。

◎(6)カジノフォンテン
◯(10)インティ
▲(3)カフェファラオ
△(11)ソリストサンダー
△(12)サンライズノヴァ

3連複フォーメーション(5点)
1頭目:6
2頭目:3、10
3頭目:3、10、11、12

◆【かしわ記念/過去データ】2番人気、4歳or7歳、先行or差しがキーワード

◆【かしわ記念/枠順】カフェファラオは過去10年優勝ゼロの“鬼門”3枠発走

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、盲点となる穴馬の発掘を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします