【プロ野球/セ・リーグ】3カード連続勝ち越しのDeNAが阪神と対戦へ 4番・佐野は月間打率5割と絶好調

(C)Getty Images

▼セ・リーグ対戦カード

■5/7~5/9:DeNA vs阪神(横浜スタジアム)
■5/7、5/9:巨人vs ヤクルト(東京ドーム)
■5/8~5/9:中日vs広島(バンテリンドーム)

◆【今カードの見どころ/パ・リーグ】日本ハム、コロナ禍から1週間ぶりに活動再開 首位・楽天相手に総力戦へ

■復調気配のDeNAは阪神と激突へ

緊急事態宣言発令の影響で8日の巨人vsヤクルトが延期。7、9日は無観客での試合となる。

注目は、3カード連続勝ち越しと調子を上げてきたDeNA。今回は地元に首位・阪神を迎える。外国人が合流し、ベストメンバーに近いかたちになった打線では、4番の佐野恵太が5月の5試合中4試合でマルチ安打を記録するなど、月間打率.500と絶好調。投手陣はエスコバー山﨑康晃三嶋一輝とリリーフ陣が磐石の状態で、リードして終盤を迎えたい。

対する阪神は、依然として首位快走も、大山悠輔が背中の張りで登録抹消となった。代役の4番にはルーキーの佐藤輝明や好調のマルテらが候補となるが、「柱」の離脱による打線への影響が懸念される。

阪神を追う2位の巨人は3位・ヤクルトと対戦。デラロサ、ビエイラが2軍に降格して守護神不在の状況でリリーフ陣が総動員状態のなか、戸根千明井納翔一などの昇格でブルペン強化を図る。

ヤクルトは新外国人のサニスイードが9日の試合で来日初登板初先発する見込み。4位の中日は現在リーグトップの47奪三振、同2位の防御率2.08と好調な柳裕也が先発予定。6連敗で5位に転落した広島は、プロ初登板から14試合連続無失点とプロ野球記録を更新中のルーキー栗林良吏が登板する展開に持ち込みたい。

◆開幕5戦5勝の巨人・高橋よりデータでは凄い…セイバー指標で選ぶセ月間MVPは?

◆長打力の佐藤輝&無失点の栗林が“本命”も… 群雄割拠の新人王争い

◆中日ガーバーは“ハズレ”なのか 竜OBは擁護「バースやブライアントも最初は打てなかった」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします