【プロ野球/打のキーマン】中日・阿部寿樹が復調気配 ストライクカウントが有利な場面での打席に注目

(C)Getty Images

26日のプロ野球は、巨人楽天・則本昂大に対して、3回まで無失点6奪三振と抑えられるも、4回に岡本和真の逆転2ランをきっかけに若林晃弘大城卓三にもホームランが飛び出し、5得点と攻略。見事勝利した。

また、オリックスは首位打者を独走する吉田正尚が初回に先制打を放つなど3安打猛打賞を記録。チームは18安打14得点でDeNAに快勝。

ここでは打者vs投手の対戦データなどから読み取った「打のキーマン」をピックアップする。

◆巨人逆転連勝 則本の初球フォークを岡本和が狙い打ち!「したたかな4番」と高代氏

■26日の試合で決勝アーチを放つなど5月の打率.360

中日・阿部寿樹 vs ソフトバンク・笠谷俊介

昨日の試合で、決勝ホームランを放つなど2安打2打点とチームを今季初の3連勝に導いた。3月の打率.211、4月は.145と不振が長く続いたものの、5月は.360とバットがよく振れている。

ソフトバンク・笠谷俊介とは初めての対戦となるが、力強い真っすぐにスライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を織り交ぜた投球を攻略して好調を維持したいところ。

カウント別の打率を見ると、1-0が.438、2-1は.545と投手が不利になり、ストライクを取るボールを捉えてこのハイアベレージにつながっているように見える。26日の試合のような勝負強いバッティングに期待したい。

21年 未対戦
20年 未対戦
19年 未対戦
18年 未対戦

◆阪神ドラ1佐藤輝、交流戦初安打 ロッテ・佐々木朗も撃つ!“怪物対決”へ気合

◆「侍の5番よ? 打つに決まってる」 純朴な19歳オリ宮城の溢れる才能に指揮官も感嘆

データ提供・共同通信デジタル
文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします