【MLB】大谷翔平の活躍に現地メディアも絶賛 花巻東の先輩・菊池雄星から181キロ弾

菊池雄星から16号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は5日(日本時間6日)、エンゼルス・スタジアムで行われたシアトル・マリナーズとの試合に「2番DH」でスタメン出場し、花巻東の先輩でもある先発・菊池雄星と対戦した。第1打席にセンター越えの16号ソロを放つなど2安打2打点と活躍。エンゼルスは12-5でマリナーズに快勝した。

◆【動画】「花巻東対決」第1打席でいきなりこの特大アーチ、大谷翔平の打球速度181キロ&飛距離133メートル弾

■現地メディアは「ショウヘイ・オオタニは本当にとんでもない」と称賛

高校時代の先輩・菊池との2年ぶりの対戦で注目を集める中、初回第1打席に真ん中の94.3マイル(152キロ)のカットボールをフルスイング。打球はエンゼル・スタジアム名物センターの岩山に飛び込んだ。時速181キロ、133mと持ち前のパワーを見せつけた。さらに8回には貴重な追加となる適時二塁打を放ち、チームの勝利に貢献した。

各現地メディアからも絶賛の嵐を呼んだ。米メディア「バースツールスポーツ」のジャレッド・カラビス記者はTwitterで「10奪三振をした次の日に本塁打ランキングトップに迫るホームランを放つとはありえない」と称えている。

さらに米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLBアナリストのベン・バーランダー氏も「ショウヘイ・オオタニなら左対左でもセンターの1番深いところまで飛ばせる」とコメントしている。

ホームランダービートップに2本差と迫った大谷の投打に今後とも注目だ。

◆大谷翔平、今季2勝目で見せた着実な“進化” 10K&無四球は「チームが夢見てきた内容」

◆大谷翔平が球宴DH部門リスト入り、2年連続出場の強打者が最右翼もMLB公式「オオタニが退かせる可能性」

◆大谷翔平を乗せた鉄道会社に脚光も…現地ファンからは“素朴な疑問”「なぜサンフランシスコ?」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします