電撃トレードの金崎夢生、鹿島アントラーズの選手たちから惜別メッセージ

(c)Getty Images

7月24日、鹿島アントラーズが元日本代表FW金崎夢生選手のサガン鳥栖移籍を発表した。

代わりに鹿島は鳥栖から韓国代表DFチョン・スンヒョン選手を獲得する電撃トレードになった。

突然の移籍発表を受けて鹿島の選手たちが自身のSNSで金崎選手にメッセージを送っている。

両チームの補強ポイントが合致

金崎選手は2015年2月に鹿島へ入団して3年半でJ1通算102試合に出場して38得点を挙げた。当初はポルトガルのポルティモネンセからの期限付き移籍だったが、2016年2月に鹿島へ完全移籍した。

2016年のJリーグチャンピオンシップでは、3試合で3ゴールを挙げる活躍でチームのJ1リーグ優勝に貢献し、チャンピオンシップMVPも獲得した。

今季ここまで7得点はチームトップの成績だが、若手の台頭やチーム事情から先発を外れることも増えていた。

(c)Getty Images

鹿島は日本代表DF植田直通選手がベルギーのセルクル・ブルージュへ完全移籍したばかり。センターバックの穴を埋められる選手を求め、FIFAロシア・ワールドカップ(W杯)にも招集された韓国代表の24歳に白羽の矢を立てた。

一方の鳥栖は深刻な得点力不足に苦しみJ1リーグ17位と降格圏に沈んでいる。巻き返しを図るため元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス選手を獲得したが、さらに攻撃に厚みを増すため実績十分の金崎選手を獲得した。

金崎選手は移籍を決断した理由として、新しいチャレンジに向き合いたい気持ちがあったことを挙げている。

アントラーズで培った経験を生かし、新たな挑戦に臨みたいと思います。今まで応援していただき、本当にありがとうございました」

多くの選手から慕われた金崎夢生

突然の移籍発表に鹿島の選手たちも驚きを隠せない。

鈴木優磨選手は「悲しくないっていったら嘘になる」と金崎選手との2ショットを投稿しながらも、「サッカーはどんな可能性もある」とこれもプロ選手の宿命と受け止めていた。

三竿健斗選手は「#移籍して間もない頃 #セットプレー練習で取っ組み合い #エースの金崎選手とのバトル #19歳のおれにはなかなかの事件 #懐かしい思い出」と、東京ヴェルディからやってきたばかりのことを振り返りながら、これからもお互い頑張っていこうと前向きなコメントを綴る。

安西幸輝選手は「#ロッカー隣 #散々イタズラされた #愛のあるイタズラありがとう #いつか俺もあなたにやり返します。 #またピッチで会いましょう」と再会を約束している。

金崎選手の移籍にファンからは「仕方がない世界なんだろけどね、やっぱさみしいですね」「金崎選手、鳥栖に行っても頑張ってください」「さびしくなるね。たくさん夢見させてくれてありがとう」など、多くのコメントが寄せられていた。

≪関連記事≫

大迫勇也、乾貴士が鹿島アントラーズの練習に参加…内田篤人、土居聖真との「半端ない」4ショット

柴崎岳、昌子源のGSコンビに期待!鹿島アントラーズが若手時代の写真を公開

内田篤人と金森健志、鹿島公式がアップした写真が”兄弟”っぽい「実は、なかよし」

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします