【プロ野球】山口俊、古巣・巨人に電撃復帰で20日にもチーム合流 「苦しい投手陣の救世主なるか」

山口俊 (C)Getty Images

ジャイアンツ傘下3Aのサクラメントを退団した山口俊が、2019年まで在籍していた巨人に復帰することが分かった。

3日、自身のインスタグラムで「この度、山口俊は日本に帰国することを決断しました。夢を追ってメジャーに挑戦しましたが、力及ばずシーズン途中での帰国となります」と退団を報告。日本球界への復帰を示唆していた。

山口は2019年オフに巨人からポスティングシステムを利用し、ブルージェイズに移籍。メジャー1年目の20年は先発ローテ入りが叶わず、救援投手として17試合に登板して2勝4敗、防御率8.06でシーズンを終えた。

今年2月に自由契約となり、ジャイアンツとマイナー契約を結んでいたが、5試合に登板して0勝3敗、防御率6.17という成績だった。

◆日本復帰を表明の山口俊、メジャーで苦しんだ要因とは? 持ち味生かせず昨季は防御率8.06

■苦しい投手陣の救世主なるか

2017年から19年までの巨人時代には、2018年7月27日の中日戦で史上79人目のノーヒットノーランを達成するなど、3年間で60試合に登板、26勝をマーク。

19年は15勝4敗で勝率.789、防御率2.91、188奪三振の成績を残し、自身初のタイトルとなる最多勝利最多奪三振最高勝率を獲得。ベストナインも受賞した。

今年、巨人はここまで3年目の髙橋優貴が6勝、戸郷翔征が5勝を挙げるなど若手が奮闘しているものの、エース・菅野智之が7試合登板で2勝3敗と不調。

苦しい投手陣の救世主となるか。山口俊は20日にもチームへ合流、調整を開始する予定だ。

◆山口俊、日本球界復帰を決意「夢を追ってメジャーに挑戦しましたが、帰国することを決断しました」

◆ロッテ・佐々木朗希、本拠地で初勝利なるか 初白星から中13日で登板

◆もう一度見たい規格外の本塁打 怪物ルーキー・佐藤輝明が5月度月間MVPを受賞

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします