【MLB】大谷翔平、飛距離131メートルの豪快18号 現地放送局も絶賛「何度紹介しても飽きない」

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に「2番・DH」で先発出場。8回の第4打席で今季18号本塁打を放った。この日は4打数1安打1打点、打率は.267となった。試合はエンゼルスが4-6で敗れ2連敗となっている。

【動画】現地実況も思わず大興奮 大谷翔平、打球速度186.4キロ&飛距離131メートルの弾丸ホームラン

■今季3本目の打球速度115マイル超え弾

アスレチックス先発の右腕モンタスに対して、通算打率.462、2本塁打と抜群の相性を誇る大谷であったが、この日は3打席凡退。しかし、相手投手が左腕ルザードに交代し迎えた第4打席に、ライトへ6試合ぶりの本塁打を打ち込んだ。飛距離429フィート(130.75メートル)、打球速度115.8マイル(約186.4キロ)の“弾丸ソロ”となったが、データやスタッツを紹介する「MLB Stats」のTwitterアカウントは、「今季大谷による打球速度115マイル超えの本塁打は3本目。スタントン(4本・ヤンキース)に次いで、MLB全体2位の数値」と速報した。

また現地放送局「Bally Sports」もTwitterでこの一発を速報。「大谷の活躍ハイライトは、何度紹介しても飽きません」とコメント添えている。

これで本塁打数は、アスレチックス・オルソンと並びリーグ2位タイに浮上。トップを走るゲレーロJr.(ブルージェイズ)とは4本差となっている。前日発表されたオールスターファン投票ではア・リーグDH部門で1位となっていたが、今後のさらなる得票に向けて弾みをつける豪快アーチとなった。

【動画】現地実況も思わず大興奮 大谷翔平、打球速度186.4キロ&飛距離131メートルの弾丸ホームラン

◆大谷翔平、“松井秀喜超え”今季18号に衝撃広がる 「速球粉砕」「ロケットを噴射」

◆大谷翔平はどれだけ厳しいジャッジを打席で受けているのか? 今季の「ストライク判定」をデータで振り返る

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします