【ユニコーンS/穴馬アナライズ】ケイアイロベージ 府中で好走を予感させるデータとは

■ケイアイロベージ

初勝利となった未勝利戦では2着に1秒2差、前走の1勝クラス戦では同じく0秒5差をつけて連勝したケイアイロベージ。着差からまだまだ余裕はありそうで、初めてのオープン戦がいきなり重賞挑戦となっても好走を予感させる一頭だ。

前走は3コーナーあたりから進出を開始し、最後まで脚色が衰えていなかったように長くいい脚を使うタイプで、中央競馬最長の直線距離501.6mを誇る東京コースはおあつらえ向きの舞台。また前走距離1400m、1600m、1800mのうち、ユニコーンSで最も好成績を収めているのが前走1800m組で、好走を後押しするデータも。

◆【マーメイドステークス2021/データ攻略・前編】上位人気想定の4歳馬2頭には「黄色信号」、小回りで差し遅れた前科アリ

◆【マーメイドステークス2021/追い切りジャッジ】関東遠征後の中3週も「倦んだ雰囲気は皆無」 アブレイズに「A」評価

◆【マーメイドステークス2021/追い切りジャッジ】前走完敗の伏兵馬に「A」評価、精神面の研ぎ澄まされぶりは「文句なし」

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ーユニコーンS 編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、盲点となる穴馬の発掘を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします