【MLB】大谷翔平、2番・DHでスタメン出場 ホームラン王争いのゲレーロJrは23号で2本差

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は19日(日本時間20日)、本拠地であるエンゼル・スタジアムで行われるデトロイト・タイガース戦に「2番・DH」でスタメン出場。

ホームラン王争いをしているトロント・ブルージェイズゲレーロJrは同日、ボルチモア・オリオールズ戦で23号ソロを放っており、2本差に迫る大谷の打席に注目が集まる。

【速報/動画】大谷翔平、2試合連発で自己最多22号2ラン、ゲレーロJrに再び1本差

■前日には20・21号の2発で「MVPコール」

大谷は17日(同18日)のタイガース戦に先発し、6回5安打1失点で今季3勝目をマーク。翌18日(同19日)には、第3打席でライトへ20号、第5打席にも左中間スタンドに21号と、2年ぶりとなる1試合2発を放ち、球場に詰めかけたファンからは熱烈な「MVPコール」が巻き起こった。

5月は月間打率.245に終わっていた大谷だが、6月はここまで打率.311、6本塁打、出塁率.446、長打率.800。二刀流での出場機会も増えるなか、一気に調子を上げている。ホームランダービーでの活躍や、「二刀流」でのオールスター出場に向けて、周囲の期待値はさらに高まっている。

◆「本塁打競争の練習を実戦で……」大谷翔平、観衆熱狂の1試合2本塁打 6月の長打率は脅威の.800

◆大谷翔平、コロナ禍以降で初“フルキャパシティ”の本拠地エンゼル・スタジアムで「リアル二刀流」

◆大谷翔平、2試合連続となる19号ソロは飛距離133メートル、打球速度178キロで右翼2階席へ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします