【MLB】大谷翔平、2試合連続となる19号ソロは飛距離133メートル、打球速度178キロで右翼2階席へ

エンゼルス・大谷翔平 (C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は16日(日本時間17日)、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。2回の第2打席で今季3度目の2試合連発となる19号本塁打を放った。

◆【動画】このスイングでここまで飛ぶの!? 体勢を崩しながら右翼2階席へ運ぶ大谷翔平の19号特大アーチ

■本塁打王争いリーグ単独2位に浮上

第2打席、アスレチックスの左腕・アービンの初球を捉えると打球は右翼2階席へ。スライダーにやや体勢を崩しながらのスイングだったが、飛距離435フィート(約133メートル)、打球速度110.9マイル(約178キロ)という特大アーチとなった。

本塁打王争いはアスレチックスのオルソンを抜いてリーグ単独2位に浮上。両リーグトップのブルージェイズゲレーロJr.には3本差となった。

また、5回には三塁側へのセーフティバントを決め、5試合ぶりの今季18度目となるマルチ安打をマーク。さらに二盗を決め今季10盗塁とした。

◆大谷翔平、“松井秀喜超え”今季18号に衝撃広がる 「速球粉砕」「ロケットを噴射」

◆大谷翔平、飛距離131メートルの豪快18号 現地放送局も絶賛「何度紹介しても飽きない」

◆大谷翔平はどれだけ厳しいジャッジを打席で受けているのか? 今季の「ストライク判定」をデータで振り返る

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします