【宝塚記念/穴馬アナライズ】素質開花で三強の“一角崩し”、前売り単勝10倍台の伏兵

■ユニコーンライオン

前走の鳴尾記念で鮮やかな逃げ切りを決め、重賞初制覇を果たしたユニコーンライオン。1000m通過が1分2秒9とレースの格を考えればかなり遅く、一見すると展開に恵まれたようにも映るが、主導権を握りながらもブラストワンピースに次ぐメンバー2位の上がりを記録しているように、ただの展開利だけではなくポテンシャル上位であったことも間違いないだろう。

これで3勝クラス、重賞と連勝を飾ったわけだが、飛躍の要因は今年に入ってから着け出したチークピーシズと長期休養を経て成長した気性面の影響か。2億円という募集総額が示すようにデビュー前から潜在能力の高さは評価されていたものの、レース途中で集中力を欠くなど幼いところが出世を阻害。ウィークポイントが解消された今なら、三強の一角に付け入る隙はあると見た。

5月から使われ続けて今回が今季4戦目となるが、最終追いでは疲れを見せずパワフルに坂路を登坂。先手を取りたいだけに、最内1枠もこの馬にとってプラスだ。波乱の立役者として注目しておきたい。

◆【宝塚記念2021/危険な人気馬】クロノジェネシス、5つの“消し”条件 競馬界の「第7世代」の勢いを支持

◆【宝塚記念2021/前走ローテ】昨年とは異なるローテを歩んでの参戦、クロノジェネシスに不安データあり

◆【宝塚記念2021/枠順】最多7勝を誇る8枠にはキセキが入る クロノジェネシスの5枠は過去10年未勝利 

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ー宝塚記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、盲点となる穴馬の発掘を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします