【ラジオNIKKEI賞/穴馬アナライズ】昇級初戦Vのグランオフィシエ、3連勝で重賞勝ちも

■グランオフィシエ

未勝利、1勝クラスを連勝したグランオフィシエ。母は2013年のアルテミスSを制したマーブルカテドラルで、良血馬が意気軒昂と重賞初挑戦に臨む。

◆【ラジオNIKKEI賞&CBC賞/騎手データ】過去2度も『穴馬』を圏内に ラジオNIKKEI賞で激走が見込める騎手とは

特筆すべきは勝利を挙げたここ2走の内容で、初勝利となった4月の未勝利戦は先行策から直線で鋭く抜け出し7馬身差の楽勝V。昇級初戦の前走は好スタートからすんなりハナを奪い、そのまま逃げ切って単勝1.9倍の支持に応えている。

軌道に乗ったいまなら同年代の重賞でもと思わせるし、小回りの福島であれば持ち味の先行力が活きそう。さらに過去データを見ると前走2000mからの臨戦も相性ばっちり。3連勝で重賞勝ちまであっていい。

◆【ラジオNIKKEI賞2021/追い切りジャッジ予想】リッケンバッカーに「S」評価、バランス面が改善「絶好の気配にある」

◆【ラジオNIKKEI賞2021/穴馬アナライズ】前走大敗のノースブリッジ、クラシック候補の巻き返しに期待

◆【ラジオNIKKEI賞2021/穴馬アナライズ】前日15番人気の穴馬、夏のローカルGIIIで「波乱の立役者」となるか

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ーCBC賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、盲点となる穴馬の発掘を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします