【ラジオNIKKEI賞/穴馬アナライズ】前日15番人気の穴馬、夏のローカルGIIIで「波乱の立役者」となるか

■ヴェイルネビュラ

前走のNHKマイルCでは見せ場なく11着に沈んだヴェイルネビュラ。マイラーの一線級が揃うGIでは、さすがに敷居が高かったか。夏のローカルGIIIで再出発を図る。

◆【ラジオNIKKEI賞&CBC賞/騎手データ】過去2度も『穴馬』を圏内に ラジオNIKKEI賞で激走が見込める騎手とは

オープン勝ちがあるようにこのメンバーでは実績上位の存在で、4走前の百日草特別ではのちの皐月賞馬エフフォーリアに対しコンマ6秒差となれば、展開ひとつで圏内に食い込んでくる可能性は十分あると言えそうだ。

重馬場だったスプリングSの走りを見る限りは、あまり道悪が上手とは言えないようなので、当日の馬場状態はチェックしておきたい。

◆【ラジオNIKKEI賞2021/追い切りジャッジ予想】リッケンバッカーに「S」評価、バランス面が改善「絶好の気配にある」

◆【ラジオNIKKEI賞2021/穴馬アナライズ】昇級初戦Vのグランオフィシエ、3連勝で重賞勝ちも

◆【ラジオNIKKEI賞2021/穴馬アナライズ】前走大敗のノースブリッジ、クラシック候補の巻き返しに期待

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ーCBC賞編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、盲点となる穴馬の発掘を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします