【MLB】オールスター、大谷翔平、ダルビッシュ有、菊池雄星、日本人3選手出場は2014年以来

エンゼルス・大谷翔平(2021年6月20日) (C)Getty Images

米メジャー・リーグ・ベースボール機構は4日(日本時間5日)、ファン投票選出以外のオールスター出場選手を発表、エンゼルス大谷翔平がDHに続き投手でも選出され、さらにパドレスダルビッシュ有マリナーズ菊池雄星も名を連ねた。

【速報】大谷翔平、球宴先発で3者凡退の好投 直球の最速は161キロ

【速報】大谷翔平、オールスター初打席は安打ならず シャーザー相手に二ゴロ

■オールスター日本人3人選出は2014年以来3度目

先発する野手はすでにファン投票により発表済となっていたが、投手部門とベンチ入りメンバーはこの日、選手間投票とコミッショナー事務局推薦によって決定、発表された。日本人選手が3人選出されるのは、2014年のダルビッシュ、上原浩治田中将大以来となる。

大谷は今季12試合に先発3勝1敗防御率3.60、ダルビッシュは同17試合で7勝3敗、防御率2.65、菊池は15試合で6勝3敗防御率3.18。ダルビッシュの選出は5度目、一方、大谷と菊池はそれぞれ初選出となった。

日本人として初めてオールスターに選出されたのは1995年、ロサンゼルス・ドジャースからデビューした野茂英雄。当時、シアトル・マリナーズに所属していたランディ・ジョンソンとともに先発として投げ合いとなった。以降、投手としてはマリナーズ・佐々木主浩(2001、02年)、長谷川滋利(2003年)、レッドソックス・岡島秀樹とドジャース・斎藤隆(2007年)、レンジャーズ時代のダルビッシュ(2012から14、17年)マリナーズ・岩隈久志(13年)、レッドソックス・上原浩治(14年)、ヤンキース・田中将大(14年、19年)がそれぞれ選出されている。

野手として初めて選出されたのは2001年のイチロー、以降10年連続で選出され日本人最多出場記録となっている。その後、2003、04年に松井秀喜、08年に福留孝介が選出された。大谷はDHとしては日本人初。

さらに大谷は12日(日本時間13日)に行われるホームラン・ダービーへの日本人初出場も決定。NHK総合で13日午前9時05分より放送が予定されている。MLBオールスター13日(同14日)NHK BS1にて午前8時放送予定。

オールスターは1996年、野茂がノーヒットノーランを達成したことでも日本人に広く知られるロッキーズの本拠地クアーズ・フィールド(コロラド・デンバー)で開催される。

◆大谷翔平、3四球と勝負してもらえず場内大ブーイング 日本選手タイの31号はお預け

◆圧巻の“大谷翔平劇場”、最後は激走でサヨナラ生還 キング独走の本塁打量産は「ファンのおかげ」

◆本塁打量産・勝利投手 大谷翔平に染まった1週間に指揮官も絶賛「本当に途方もない」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします