【MLB】大谷翔平、オールスター初打席は安打ならず シャーザー相手に二ゴロ

オールスターゲームで投打同時出場した大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、クアーズ・フィールドで行われたオールスターゲームに「1番DH」兼先発投手として出場。初回に迎えた第1打席はニゴロだった。

◆【速報・投球詳細】投手・大谷翔平、オールスター先発登板での全投球内容・配球図一覧

■名投手・シャーザーと対戦

今年のオールスターでは、登板後もDH制を解除せずに出場できる特別ルールが適用される。大谷の二刀流が球界のルールも変えた格好だ。

大谷は初回、サイ・ヤング賞に3度輝いたシャーザー(ワシントン・ナショナルズ)と対戦。2球目を弾き返したが、二ゴロに倒れた。

その後、先発投手として1回裏のマウンドに上がると3者凡退の好投。3回表の第2打席はバーンズ(ミルウォーキー・ブルワーズ)と対戦し、一ゴロに打ち取られている。

◆【速報】大谷翔平、球宴先発で3者凡退の好投 直球の最速は161キロ

◆「クールでクレイジー、あり得ない、でも不可能ではない」 大谷翔平一色に染まった球宴報道

◆【MLBオールスター】大谷翔平は「1番DH」で先発投手 試合時間、中継情報、結果速報(日本時間 7月14日)

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします