【MLB】大谷翔平、球宴先発で3者凡退の好投 最速は161キロ

オールスターゲームに先発し好投した大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、クアーズ・フィールドで行われたオールスターゲームに「1番DH」兼先発投手として出場。1回裏のマウンドに上がり、3者凡退に抑える好投を披露した。直球の最速は100マイル(約161キロ)、全14球を投げ155キロ以上を計測したのは7球であった。

試合はア・リーグが5-2で勝利し、大谷が勝ち投手となった。日本人投手が勝ち投手となるのは、2019年の田中将大(ヤンキース)以来2人目。

◆【実際の映像】投手・大谷翔平がオールスターで本領発揮!球宴でタティスJr.に投じた切れ味抜群のスライダーとアレナドへの160キロ超え直球

■直球の最速は161キロ

1回表、先頭打者としてナ・リーグ先発・シャーザーと対戦し二ゴロに倒れた大谷は、その直後に日本人投手としては1995年の野茂英雄(ロサンゼルス・ドジャース)以来の先発登板を果たした。

大谷は、先頭のタティスJr.(サンディエゴ・パドレス)を左飛、マンシー(ロサンゼルス・ドジャース)を二ゴロに打ち取った。

続くアレナド(セントルイス・カージナルス)に対しては100マイル(約161キロ)の直球で攻めると、最後はスプリットで遊ゴロを打たせ、3者凡退。球宴先発の大役を果たした。

◆球宴で躍動の大谷翔平にタティスJr.やボガーツも賛辞「ただただワオ」「驚かされている」

◆【実際の映像】投手・大谷翔平がオールスターで本領発揮!球宴でタティスJr.に投じた切れ味抜群のスライダーとアレナドへの160キロ超え直球

◆大谷翔平が「投打+QB」で三刀流へ!? 球宴でNFLのレジェンドと交流

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします