【MLB】大谷翔平、登板翌日も「2番・DH」でスタメン 日本人最多「32号」は……

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は7日(日本時間8日)、本拠地でのボストン・レッドソックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。昨日持ち越しとなった日本人選手MLB最多本塁打となる32号アーチが期待される。

前日6日(同7日)は「2番・投手」の“二刀流”でスタメン出場し、打っては4打数1安打1打点、投げては7回5安打2失点の好投で、自己最多タイの4勝目、日米通算50勝を記録した。

【速報/動画あり】「彼はビースト」大谷翔平、81試合目で日本人最多32号 量産体制でシーズン60発ペース

■レッドソックスのエース・ロドリゲスと対戦

大谷は7月1日からの直近6試合で20打数5安打、打率3割を切りながら3本塁打5打点を挙げている。前日6日(同7日)のレッドソックス戦でも、同点打を放つなど、ここぞの場面で打棒をふるい、チームの勝利に貢献した。

相手先発のエデュアルド・ロドリゲスは、フォーシーム、ツーシーム、スライダーなど多彩な球種を駆使する左腕。2019年にはチーム最多の19勝を挙げたが、昨年は新型コロナに感染し一度もマウンドに上がることなくシーズンを終えた。今季はここまで16試合に登板し、6勝4敗。レッドソックスのエースを相手に、大谷は快音を響かせるのか。

試合情報

エンゼルス-レッドソックス
試合開始:日本時間7月8日(木)05:07
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

◆【速報/動画あり】「彼はビースト」大谷翔平、81試合目で日本人最多32号 量産体制でシーズン60発ペース

◆大谷翔平、左投手相手に今季10本塁打と“苦手克服” 松井秀喜氏も「彼は真の長距離打者」

◆大谷翔平、7回2失点で4勝目 折れたバットへの対応も話題に「スポーツ界の歴史上で最も完璧なスター」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします