【MLB】大谷翔平の前に立ちはだかる「7人の刺客」とは HRダービー組み合わせ発表

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

MLBオールスターゲームの前夜祭にあたるホームランダービーが12日(日本時間13日)、コロラド・ロッキーズの本拠地であるクアーズ・フィールドで開催される。なかでも、日本人選手として初めて出場することが決定した大谷翔平は、現在MLBトップの32本塁打を放っており、「初出場初優勝」の期待がかかっている。

7日(同8日)には、MLB公式サイトにてワシントン・ナショナルズのフアン・ソトと、テキサス・レンジャーズのジョーイ・ギャロの出場が発表され、参加全8選手が出揃った。さらに組み合わせも発表され、大谷は第1ラウンドでソトと対戦することが決定。大谷の前に立ちはだかる“ライバル”を紹介していきたい。

【一覧】出場8選手がついに決定!2021年MLBホームランダービーのトーナメント表

■初戦の相手はシルバースラッガー・22歳のソト

大谷の初戦の相手に決まったソトは左の大砲。2018年、19歳でデビューを果たし、10代選手としては史上2番目タイとなる22本塁打を放った。この年のオフには日米野球でMLBオールスターチームの一員として来日。第1戦で中日の岡田から、第2戦で日本ハムの上沢から本塁打を放ち、存在感を見せつけていた。

2019年にはキャリアハイの34本塁打を記録。昨年は13本塁打に留まるも、打率.351で首位打者を獲得し、出塁率.490、長打率.695、OPS1.185もリーグトップ。自身初となるシルバースラッガー賞も獲得し、高い出塁率と長打力を兼ね備えたスラッガーに成長している。

今季はここまで打率.282、11本塁打と傑出した成績は残せていないが、秘めたポテンシャルは相当なもの。大谷にとっては初戦から高い壁に挑むことになる。

■連覇を狙う2019年の覇者・アロンソ

また、最大のライバルとなりそうなのが、ニューヨーク・メッツのピート・アロンソだ。アロンソは2019年にメジャーデビューを果たし、前半戦だけで30本塁打を記録しオールスターに選出。ホームランダービーにも出場し、史上3人目となる新人での優勝を果たした。

同年、アロンソは新人最多本塁打記録を塗り替える53本塁打を放ち、1年目ながら本塁打王も獲得し新人王に選ばれた。今季は故障の影響もあり打率.257、15本塁打だが、実力は折り紙付きだ。

アロンソの初戦の対戦相手であるサルバドール・ペレス(ロイヤルズ)は、捕手ながら強打が売りの31歳。2019年にトミー・ジョン手術を受け、昨季はシルバースラッガー賞とカムバック賞に輝いた。今季もすでに20本塁打をマークしており、キャリアハイ更新の期待がかかる。大谷とともに優勝候補と目されるアロンソにどのように立ち向かうか。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします