【MLB】大谷翔平、マリナーズ戦に「2番・DH」スタメン 前半戦ラストゲームで新記録の34号出るか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は11日(日本時間12日)、敵地でのシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。

前日10日(同11日)のマリナーズ戦では、試合前にイチロー氏との再会でメディアを賑わせ、3試合連続となる34号に注目が集まったが、2三振を含む3打数無安打に終わった。大谷がノーヒットに終わったのは、3日(同4日)のオリオールズ戦以来。

◆オールスターCMで“主役”抜擢の大谷翔平、球宴を目前にイチロー氏とも再会

■ラストゲームでソーサ超えに期待

マリナーズは今季11試合登板で1勝1敗のヘクター・サンティアゴが先発マウンドへ。最速97.4マイル(約157キロ)のストレートに加え、80マイル(約128キロ)前後のチェンジアップやスライダーなど緩急をつけたピッチングが特徴で、6月4日(同5日)の救援登板時には大谷をショートゴロに打ち取った。

現在、大谷の33本塁打は、オールスター前の前半戦でアメリカ出身以外の外国人選手としては1998年のサミー・ソーサ(当時シカゴ・カブス)に並ぶMLB記録タイ。前半戦のラストゲームで34号が出れば記録更新となるだけに、一発に期待がかかる。

試合情報

マリナーズ-エンゼルス
試合開始:日本時間7月12日(月)5:10
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

◆大谷翔平、日本人初のMLB ESPYを受賞 「選んでいただいた方々に感謝」

◆「1番手にしか選べないだろう?」 大谷翔平、MLB公式サイトの“HRダービー格付け”筆頭に選出

◆大谷翔平、3階席へ“記録づくめ”の特大33号 殿堂入り右腕も感嘆「彼は人造人間」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします