【アイビスSD/データ攻略】夏の「野芝」で光り輝く、連対率「100%」の古豪が波乱を巻き起こす

前編ではオールアットワンスモントライゼの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【アイビスサマーダッシュ2021予想/前編】上位人気想定モントライゼに降りかかる連対率「0%」データ

■データが導く2021アイビスサマーダッシュの穴馬候補は?

<穴候補1 ジュランビル>

3着が続く近走だが、いずれも3勝クラス。さすがに重賞の舞台では荷が重い印象だが、ここは馬場適性のデータが目を引く。

・オール野芝成績【2-1-3-1】

夏の小倉・秋の阪神はオール野芝と呼ばれる条件での施行。時計が速くなる傾向にある馬場コンディションを味方に良績を積み重ねているのだ。直線競馬への適性は未知数も、馬場適性に視線を向けるとノーマークにはできないか。

<穴候補2 ヒロイックアゲン>

7歳を迎えた古豪も穴馬候補としての資格は十分だ。この馬を後押しするデータをご紹介したい。

・夏の新潟芝成績【0-4-0-0】

ジュランビルと重なる部分もあるが、オール野芝で施行される夏の新潟芝で本領を発揮している。この舞台での持ち時計はメンバー中2位にランクされるもの。変わり身があっても驚けない。

◆【アイビスサマーダッシュ2021/脚質傾向】韋駄天Sを快勝したタマモメイトウ、持ち味の追込み脚質は複勝率4.3%と不調

◆【アイビスサマーダッシュ2021/前走ローテ】3年連続出走のライオンボス、昨年からの巻き返しを後押しするデータとは

◆【アイビスサマーダッシュ2021/枠順】19年覇者ライオンボスは6枠12番、注目の8枠には人気薄3頭が入る

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「アイビスサマーダッシュ」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします