【アイビスSD/騎手データ】上位人気のジョッキーに枠順の明と暗 令和の“千直マイスター”を狙え

25日は新潟競馬場で名物重賞として定着したアイビスサマーダッシュ(GIII、芝直線1000m)が行われます。

施行時期に細かい変化はありますが、一貫して新潟芝直線1000mを舞台に行われてきた日本で唯一となる直線オンリーの重賞です。

今回は2000年以降のアイビスサマーダッシュの過去データ、2000年以降の新潟芝直線1000mの1-4枠(内枠)、5-8枠(外枠)の過去データを基に気になる騎手データを見ていきましょう。

◆【アイビスサマーダッシュ2021予想/騎手データ】新潟芝直線1000m、1-4枠の川田将雅騎手は大不振

■アイビスSDの過去データは参考程度に留めたい

まずは2000年以降のアイビスサマーダッシュの成績データを基に、今年のアイビスサマーダッシュに乗り鞍がある騎手の成績を表にまとめています。なお、菅原明良騎手、城戸義政騎手、荻野極騎手、松若風馬騎手、原優介騎手、斎藤新騎手の6名はアイビスサマーダッシュ初騎乗となるためご注意ください。

[2000年以降]アイビスサマーダッシュの騎手別成績

正直に申し上げると色々と判断するのが難しいデータとなりました。過去5回以上の騎乗経験がある騎手は僅か3名に過ぎず、全体的にサンプル数が不足しています。

その3名の中から見ていくと、着順と人気のバランスに優れるのが杉原誠人騎手で、2017年のレジーナフォルテ(4番人気3着)、2020年のビリーバー(9番人気3着)と2度の馬券絡みがありますね。

伏兵馬での一発は期待できそうですが、馬単や馬連の軸向きかと問われれば微妙なところ。なお、杉原誠人騎手は前日17時段階で9番人気のビリーバー(牝6、美浦・石毛)に騎乗します。

さて、このデータから騎手の巧拙をこれ以上判断するのは得策ではないと考えたため、別のデータも用い細かく見ていきましょう。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします