【MLB】大谷翔平、初回から二刀流の本領発揮 バットを折りながらも先制打&すかさず盗塁

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地でのコロラド・ロッキーズ戦に「2番投手」でスタメン出場。初回に迎えた第1打席で、右前への先制タイムリーを放った。

その後は盗塁を決めるなど、今季12度目の投打同時出場で幸先のよいスタートを切っている。

◆【実際の映像】大谷翔平、バットを折りながらもしぶとくシフトを破る 自身を援護する先制タイムリー

■今季12度目の「リアル二刀流」でエンジン全開

初回を無失点に抑えた大谷は、直後の第1打席で相手先発マルケスと対戦。バットを折りながらもしぶとく二遊間を破り、二塁からフレッチャーが生還する先制タイムリーとなった。

大谷はその後、今季14個目の盗塁を決めると4番ウォルシュのタイムリーで生還。今季12度目の「リアル二刀流」でさっそくエンジン全開だ。

◆【実際の映像】大谷翔平、バットを折りながらもしぶとくシフトを破る 自身を援護する先制タイムリー

◆復活35号の大谷翔平、今季のエンゼルス最終戦に敵将「オオタニとの対戦が終わってよかった」

◆大谷翔平、夢の60発達成へのカギは「トラウタニ」再結成 待たれる現役最強打者の復帰

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします