【クイーンS/データ攻略】北の女王決定戦は波乱に期待 伏兵が「アタマ荒れ」に虎視眈々

前編ではマジックキャッスルシャムロックヒルの明暗を分けるであろうデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【前編】マジックキャッスルに死角なし 不安を一掃する「馬券内率80%」データとは

■データが導く2021クイーンSの穴馬候補は

<穴候補1 ウインマイティー>

昨年のオークス3着馬だが、近走はフタ桁着順続き。復調にはまだまだ時間がかかると思われる同馬には血統面での追い風が吹く。

・ゴールドシップ産駒の函館芝1800m成績【2-1-5-8】

馬券内率は50%。札幌2歳Sで3度の連対馬を輩出しているように、洋芝1800mという括りにおいて一段と評価が上がる種牡馬だ。デアリングタクト、ウインマリリン、リアアメリア、マジックキャッスルとのちの重賞勝ち馬がズラリと並ぶオークス掲示板内組の1頭。穴妙味は十分と言えよう。

<穴候補2 シゲルピンクダイヤ>

穴馬と呼ぶにはやや人気寄りかもしれないが、この馬もデータ面での上積みが大きい馬だ。

・内回りコースの成績【1-0-3-1】

桜花賞2着のイメージから広いコース向きの印象を抱く1頭。しかし、成績を紐解くと安定した成績を残しているのは紛れもなく内回りコースだ。秋華賞ではクロノジェネシス、カレンブーケドールといった今年の古馬GIでも好走した2頭に次ぐ3着。舞台替わりで悲願の初重賞制覇というシーンは想定しておきたい。

◆【クイーンステークス2021予想/枠順】新女王を目論む国枝厩舎の2騎 ともに勝率トップの5枠に入る

◆【クイーンステークス2021予想/前走ローテ】馬券攻略のヒントは「前走±200m」、牝馬路線を牽引するマジックキャッスルに期待

◆【クイーンステークス2021予想/人気傾向】荒れる牝馬限定重賞も1番人気は素直に信頼、複勝率は驚愕の「88.9%」

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「クイーンステークス」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします