【レパードS/脚質傾向】上位人気想定のホッコーハナミチ、脚質面からも素直に信頼か

8日に新潟競馬場で行われる第13回・レパードS(GIII、ダ1800m)の過去10年データを紹介する。

ホッコーハナミチは前走古馬混合戦のインディアントロフィーをレコードで制し、勢いに乗っている。父ホッコータルマエは12年のレパードSを制しており血統面でも期待したい。

良血馬ルコルセールは現在ダートで3連勝中、勢いそのままに重賞も制するか。現在2連勝中のキャリアリズムはこれまで連対を外しておらずここでも堅実な走りに期待がかかる。

その他、いわき特別を制し2勝クラスを突破したメイショウムラクモやユニコーンステークス5着のクリーンスレイトも虎視眈々と上位をうかがう。

ここでは予想のヒントになる「脚質傾向」を分析していく。

◆【レパードS2021/前走ローテ】過去10年で4勝を挙げている「ユニコーンS組」 5着に惨敗のクリーンスレイトに注目

■逃げ、先行脚質の馬は過去10年で馬券内13頭の好成績

過去10年、逃げ【2-4-0-4】、先行【5-3-5-21】、差し【3-3-2-53】、追込【0-0-3-39】と前目で競馬を運べる馬が活躍している。追込み脚質の馬は苦戦傾向にあり、過去10年で3頭しか馬券に絡んでいない。

今回アリエノール、ホッコーハナミチなど上位人気に推されやすい馬が先行脚質だが、前目で競馬をする馬を素直に信頼し馬券を購入することが的中のヒントとなりそうだ。

◆【レパードS2021/人気傾向】荒れる3歳ダート重賞も1番人気は素直に信頼、複勝率は驚愕の「80.0%」

◆田辺がJRA通算1000勝、5馬身差でメモリアルV 三浦は「縁ある」函館で900勝

◆【JRA】三浦皇成が思い出の地・函館で通算900勝達成

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします