【レパードS/枠順】3連勝中のルコルセールは過去10年未勝利の6枠に 好成績の枠は要注意

第13回・レパードS(GIII、ダ1800m)の枠順が6日、発表された。

ダート転向後3連勝中と勢いに乗るルコルセールは6枠10番に、前走いわき特別で圧勝しているメイショウムラクモは8枠15番に、前走古馬混合戦のインディアントロフィーをレコードで制し、勢いに乗っているホッコーハナミチは3枠4番に入った。

◆【レパードS2021/脚質傾向】上位人気想定のホッコーハナミチ、脚質面からも素直に信頼か

■3連勝中ルコルセールの重賞制覇には大きな壁が

上位人気が予想されるオセアダイナスティホッコーハナミチの3枠は、過去10年で【1-1-2-15】とまずまずの成績。また、こちらも上位人気が予想されるルコルセールが入った6枠は過去10年一度も勝利がなく、連対率も5.0%と苦戦傾向にある。

一方、過去10年で4回連対している5枠にはテイエムマジックハンディーズピークが入った。

■好条件が揃ったのはロードシュトロームか

過去10年で好成績を残しているのは、最多勝利数3を誇る4枠である。3回のうち2回は10番人気(19年のハヤヤッコ)と5番人気(18年のグリム)という下位人気の中での勝利である。そのため、単勝回収値も188%と高くなっている。

今回4枠に入ったロードシュトロームスマートパルフェはそこまで人気を背負わずにレースを迎えられそうで、2頭が好枠をいかして穴をあけることも警戒しておきたい。

◆【レパードS2021/人気傾向】荒れる3歳ダート重賞も1番人気は素直に信頼、複勝率は驚愕の「80.0%」

◆【レパードS2021/データ攻略】3歳ダート重賞は今年も波乱に期待 使者となるのは「夏男」騎乗の伏兵馬

◆【レパードS2021/データ攻略】ダート界に突如現れた新星ルコルセール 立ちはだかる「複勝率0%」データ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします