【関屋記念/枠順】ソングラインやアンドラステの枠は過去10年で0勝 最多5勝の7枠には要注意

第56回・関屋記念(GIII、芝1600m)の枠順が13日、発表された。

牝馬ながら前走NHKマイルCで鼻差2着に好走したソングラインは6枠11番に、中京記念で重賞初勝利をあげたアンドラステは4枠8番に、その他シャドウディーヴァは2枠3番、グランデマーレは1枠1番に入った。

◆【関屋記念2021予想/前走ローテ】距離別成績も後押し、8連対を誇る前走「中京記念組」は要注目

■上位人気予想の2頭は苦戦か

上位人気が予想されるソングラインが入った6枠は、過去10年で【0-2-0-18】と未勝利で2着2回と気になるデータとなっている。また、こちらも上位人気が予想されるアンドラステが入った4枠は過去10年間で一度も勝利がなく、連対率も11.1%と苦戦傾向にある。

一方、過去10年で7回連対している8枠にはプールヴィルマイスタイルパクスアメリカーナが入った。

■7枠の人気馬には要注意

過去10年で好成績を残しているのは、最多勝利数5を誇る7枠である。19年ミッキーグローリー(1人気)、18年プリモシーン(1人気)、14年クラレント(4人気)、12年ドナウブルー(1人気)、11年レインボーペガサス(4人気)と比較的上位人気に推された馬が好走している。

今回7枠に入ったカラテクリスティミラアイトーンはそこまで人気を背負わずにレースを迎えられそうで、3頭が好枠をいかして穴をあけることも警戒しておきたい。
※プールヴィルは出走取消

◆【関屋記念2021予想/人気傾向】単勝回収値は驚愕の「353%」 1番人気と合わせて押さえるべきは…

◆【関屋記念2021予想/前走ローテ】距離別成績も後押し、8連対を誇る前走「中京記念組」は要注目

◆【関屋記念2021】ソングライン3歳真夏の大冒険 林師「挑戦者の立場で頑張りたい」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします