【プロ野球/セ・リーグ】ペナントレース再開 首位阪神はエース西勇輝が先陣、好スタートとなるか

▼セ・リーグ対戦カード

■8/13〜8/15:阪神 vs 広島(京セラドーム大阪)
■8/13〜8/15:巨人 vs 中日(東京ドーム)
■8/14〜8/15:DeNA vs ヤクルト(新潟)

◆【パ・見どころ】五輪中断明けの後半戦開始、首位・オリックスの宮城がチームを好調の波に乗せることができるか

■オリンピック金メダル組の活躍に注目

五輪中断明けの初戦。首位の阪神は京セラドーム大阪で広島と対戦。注目の第1戦の先発は、今季4勝6敗、防御率3.19の西勇輝。広島相手にも今季1勝2敗、防御率3.79と負け越しているが、6日のエキシビジョンマッチで4回2安打無失点と好投。

第2戦目以降の先発陣、二保旭秋山拓巳にいい形でバトンを渡すためにも大事なマウンドになる。打線では今季の広島戦で打率.333、4本塁打、12打点の佐藤輝明に期待だ。

対する広島は、第1戦で今季3勝3敗、防御率3.74の大瀬良大地が先発。打線では対阪神戦で打率.342の菊池涼介のバットからチャンスを作りたい。

その阪神を1.5ゲーム差で追いかける巨人は、今季対戦6勝6敗2分と五分の中日との3連戦に臨む。先発は山口俊メルセデス戸郷翔征を予定。エース・菅野智之が復活するまで、チーム一丸で阪神を追いかけられるか。

期待は原監督が後半戦開幕でのスタメンを名言した吉川尚輝。怪我からの復帰でチームに活力を与えたい。

対する中日は、柳裕也小笠原慎之介ロドリゲスの先発が濃厚。今季対戦打率.207の巨人打線を引き続き抑え込みたい。

3位のヤクルトは新潟でDeNAと2連戦。注目は東京五輪での金メダル獲得に貢献した山田哲人村上宗隆。日本代表での経験と勢いをチームに還元できるか。

対するDeNAは、山﨑康晃に加えてオースティンが五輪組。アメリカ代表の主軸として打率.417、2本塁打のオースティンのペナントレース再開後のバッティングに注目だ。

(成績は8月12日時点)

◆巨人 菅野は最速148キロ「次のステップに向けて頑張ります」坂本らと対戦

◆首位阪神、16年ぶりVの鍵は 巨人はエースの復調が不可欠 専門家がセを占う

◆「2冠」岡本和真に続け 期待高まる巨人の「96年世代」

記事提供:ベースボール・タイムズ
データ提供:野球DB


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします