【MLB】大谷翔平、「1番DH」でスタメン出場 タイガース戦は今季4戦4発と好相性

エンゼルス・大谷翔平 (C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、敵地でのデトロイト・タイガース戦に「1番DH」でスタメン出場する。

16日(同17日)のニューヨーク・ヤンキース戦では4打数無安打に終わった大谷だが、タイガース戦は今季4試合で4本塁打と好相性。大台到達となる40号に期待がかかる。

【動画ハイライト】大谷翔平、タイガースは今季の“お得意様” 本日対戦するマイズから6月の対戦で放った会心の今季23号ホームラン

■若手有望株のマイズと対戦

タイガースの先発は、2018年のドラフト1巡目指名で入団した若手有望株のケイシー・マイズ。今季は6勝を挙げ、防御率もリーグ8位の3.66と安定した投球を披露している。

大谷は6月20日(同21日)の試合でマイズと対戦し、3打数1安打1本塁打。低めの変化球をすくい上げ、センターへ今季23号本塁打を放った。

今季の大谷はタイガース相手に好結果を残しており、4試合で14打数4安打4本塁打。6月18日~20日(同19日~21日)にかけて3試合連続弾を放った“お得意様”だ。本塁打王争いを優位に進めている大谷だが、メジャー最速となる40号到達なるか注目される。

【動画ハイライト】大谷翔平、タイガースは今季の“お得意様” 本日対戦するマイズから6月の対戦で放った会心の今季23号ホームラン

◆「ショウヘイに迫る選手いない」大谷翔平、2冠射程でMVPレースも独走へ

◆大谷翔平は「55本塁打でMVP受賞」 二刀流への高評価で海外ブックメーカーも“太鼓判”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします