【札幌記念/穴馬アナライズ】前日オッズ16倍前後の伏兵馬 好枠を味方に「勝ち負け必須」

■ステイフーリッシュ

ステイフーリッシュが6か月半ぶりに復帰する。前走の京都記念では今回人気を背負うことになるラヴズオンリーユーの後塵を拝したが、コンマ2秒差なら展開ひとつで入れ替わる着順。力関係を決めてしまうのは早計だろう。

◆【札幌記念2021予想/追い切りジャッジ】推定10人気の穴馬に高評価「A」 気迫満点で「心身ともに絶好の域」

この馬のストロングポイントは何といってもその堅実さで、2020年以降のレースで掲示板を外したのは昨年のGI・大阪杯の1度のみ。たしかに勝ち味に遅い面こそ否めないが、本格化したここ最近はどのレースでも安定して力を出し切っている。中間の動きも軽快で休み明けも問題なさそうで、今回も大崩れも考えづらいだろう。

過去10年の札幌記念では1枠が好成績を収めており、勝率、連対率、複勝率のどれをとってもトップだ。好枠を味方につけ、2018年5月の京都新聞杯以来の勝利となるか。

◆【札幌記念2021予想/データ傾向】ソダシに立ちはだかる勝率0%の不安要素 「2000mという距離すら危うい」

◆【札幌記念2021予想/穴馬アナライズ】前走からの巻き返しに期待 名手への乗り替わりも後押し

◆【札幌記念2021予想/穴馬アナライズ】前日9番人気の伏兵馬、洋芝巧者が波乱の使者になれるか

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾ー札幌記念編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
アスリートの素顔を伝えるメディア『SPREAD』の編集長。旅行・アウトドア雑誌のライターを経て、競馬月刊誌「UMAJIN」の編集長として競馬業界へ。その後、Neo Sports社にて、「B.LEAGUE」「PGA」「RIZIN」等のスポーツ×ゲーミフィケーション事業に携わり、現在に至る。競馬は、1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします