【新潟記念/枠順】ザダルは最多3勝の1枠に入る 注目は単勝回収値「362」を誇る3枠

第57回・新潟記念(GIII、芝2000m)の枠順が3日、発表された。

エプソムCで待望の重賞初制覇を果たしたザダルは1枠2番に、前走函館記念で2着に3馬身差の快勝と波に乗るトーセンスーリヤは8枠17番に。重賞連続好走中のクラヴェルは7枠13番に入った。

◆【新潟記念2021予想/危険な人気馬】現実味を帯びてきた「3歳馬最強説」 オール野芝の新潟で「買うべきではない」1頭とは

■上位人気想定のトーセンスーリヤが入った枠は苦戦傾向か

上位人気が予想されるトーセンスーリヤが入った8枠は、過去10年で【2-1-1-23】と2勝を挙げているものの、出走頭数の割にはパッとしない成績となっている。また、こちらも上位人気が予想されるザダルサトノアーサーが入った1枠は、過去10年で【3-0-0-14】と最多3勝を挙げている好枠に入った。

一方、未だ勝利のない6枠にはラインベックヤシャマルが入った。

■複勝率33.3%を誇る3枠には伏兵馬が入る

過去10年で好成績を残しているのは、馬券内に6回好走している3枠だ。単勝回収値362、複勝回収値175と穴馬の好走も目立つ。

今回3枠に入ったリアアメリアパルティアーモはそこまで人気を背負わずにレースを迎えられそうで、2頭が好枠を生かして波乱を起こすことも警戒しておきたいところだ。

◆【新潟記念2021/前走ローテ】連対資格がある馬のキーワードは「前走2000m組」 同距離からのローテは圧巻の7勝

◆【新潟記念2021/脚質傾向】上位人気想定のクラヴェル、追込み脚質は勝率4.3%と不調

◆【新潟記念2021/人気傾向】サマー2000シリーズ最終戦は混戦模様 6番人気が波乱を巻き起こす使者となるか

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします