【MLB】大谷翔平、レンジャーズ戦は「2番DH」スタメン “2本差”ペレスを突き放す44号に期待

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は6日(日本時間7日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのテキサス・レンジャーズ戦に「2番DH」でスタメン出場する。

前日の試合では4打数無安打1四球3三振に終わったが、8回に四球で出塁すると今季23個目の盗塁を成功させた。打率は.258。試合もエンゼルスが3-7で敗れ、借金1となった。

◆大谷翔平、本塁打王獲得へ課題は“焦り”  敵将「ストライクゾーンで勝負しない」と明言

■代打出場のパドレス戦前に欲しい一発

相手先発のA.J.アレクシは、8月30日(同31日)のコロラド・ロッキーズ戦がメジャー初登板。5回を投げて被安打1の4奪三振に抑え、初勝利を飾っている。

ア・リーグの本塁打争いで2位のペレスカンザスシティ・ロイヤルズ)は昨日の試合で41号を放ち、この時点でトップの大谷とは2本差。

8、9日(同9、10日)のサンディエゴ・パドレス戦ではDH制がなく、代打での出場が濃厚とされているだけに、ここでペレスの猛追を振り切る一発が欲しいところ。

試合情報

エンゼルス-レンジャーズ
試合開始:日本時間9月7日(火)10:07
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

◆大谷翔平、本塁打王獲得へ課題は“焦り”  敵将「ストライクゾーンで勝負しない」と明言

◆【動画】大谷翔平は登板翌日に43号、ペレスはア捕手初の40号で「投手vs.捕手」のキング争いへ

◆【動画】大谷翔平、自己最多117球熱投で9勝目 要所で160キロ連発…103年ぶり偉業達成に“王手”

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします