【MLB】大谷翔平、ホワイトソックス戦に「2番DH」スタメン 4試合ぶりの45号アーチなるか

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ギャランティードレート・フィールドでのシカゴ・ホワイトソックス戦に「2番DH」でスタメン出場する。

大谷は前日の同カードで4打数0安打と、5試合ぶりの無安打を喫した。同じく本塁打王争い1位のブラディミール・ゲレーロJr.トロント・ブルージェイズ)もこの日はノーヒットに終わっている。しかし、3位のサルバトール・ペレスカンザスシティ・ロイヤルズ)が43号を放ったことで、本塁打王争いはトップ3同士がそれぞれ「1本差」と、激戦に拍車がかかった。

◆大谷翔平の「45-25」達成まであと少し、本塁打争いに公式サイトも驚き

■前回長打を放った投手から45号アーチなるか

ホワイトソックスの先発は、今季8勝9敗で防御率5.33の左腕ダラス・カイケル。同投手がエンゼルス戦で投げるのは4月2日(同3日)以来となるが、前回は4回6失点で途中降板した。大谷は2打数1安打で三塁打を放っており、今回も長打を放つ可能性がある。

また、同投手は直近8試合のうち5試合で本塁打を浴びているため、大谷の45号アーチにも期待がかかる。さらに大谷は42号から44号を3試合間隔で放っており、その法則に則ると今回は本塁打を放つことになる。大谷は4試合ぶりとなる45号アーチを放てるか。そして、本塁打王争いの首位奪還なるか。

誰がタイトルを獲得してもおかしくない「本塁打王争い」三つ巴の接戦からも引き続き目が離せない。

◆大谷翔平の「45-25」達成まであと少し、本塁打争いに公式サイトも驚き

◆大谷翔平4の0、3三振 本塁打王争いはゲレロも不発で1差変わらず ペレスは43号

◆ロイヤルズのペレスが43号弾 三つ巴本塁打争い、さらに熾烈に 「文句なし!」と完璧な一撃に現地公式Twitterも称賛

試合情報

ホワイトソックス-エンゼルス
試合開始:日本時間9月16日(木)09:10
中継情報:AbemaTV、スカパー! Jsports、NHK BS1

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします