【格闘技/RIZIN LANDMARK】萩原京平が公開練習 朝倉未来との対戦で「格闘技界の主役が変わる」と断言

萩原京平(C)RIZIN FF

10月2日開催の「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.1」に出場する萩原京平が24日、オンラインで練習を公開した。

RIZIN初の無観客イベントで朝倉未来と対戦する萩原は隠し切れない闘志を見せ、2分1Rのミット打ちをこなした。

◆新大会「LANDMARK」参戦の朝倉未来が萩原京平の“挑発”を一蹴「どうも思わない。圧勝しないと」

■「格闘技界の勢力図も、僕の人生も大きく変わる」

練習後、コンディションについて質問を受けると「最高の状態。明日にでも戦える」「早く戦わしてくれ」と臨戦態勢であることをアピール。

対戦相手の朝倉については「上から目線でなめ腐った態度の相手をぶっとばして、どう変わるのか見てみたい」「この試合で世代交代。格闘技界の主役が変わると思う」と好戦的なコメントをするも、警戒している点は「左のミドルキック、ハイキック、前手のカウンター、左ストレート」と冷静に分析。それぞれの長所ごとに対策を講じ練習しており「油断はしていないが、勝てる自信はたっぷり」と自信を覗かせた。

また公開練習の際、“肘うち”を披露したことについて「肘以外にも相手が嫌がる攻撃をいっぱい使っていこうと思っている」とし、試合の流れは「常に僕が(主導権を)握っていく展開になると思う。プレッシャーをかけて自分からゲームを作っていく」と積極的にゲームをコントロールする姿勢を強調した。

試合の意気込みは「10か月間試合できてなかった分、朝倉未来にぶつけようと思う。2日を機に格闘技界の勢力図も、僕の人生も大きく変わると思うので、10月2日は皆で集まって、酒でも飲みながらU-NEXTで僕の試合を見てください。期待してください、絶対勝つんで」と力強く言い切った。

◆朝倉未来「勝ったら1000万シリーズ」前の一戦を“サプライズ発表”「企画の前に試合するぞ」

◆堀口恭司がBellatorに定期参戦 「RIZINバンタム級王者として乗り込む」

◆【RIZIN.30】朝倉海、難敵・ボンサイ柔術に判定勝ちで兄・未来のリベンジ果たす 「大みそかまでにもっと強くなる」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします