【スプリンターズS/馬場情報】中山は「芝:稍重・ダ:重」、芝のクッション値は「9.3」で前年より水分を含んだ馬場

第55回スプリンターズS(GI、中山芝1200m)が行われる中山競馬場の馬場情報が3日、JRAより発表された。中山は芝「稍重」、ダート「重」の発表。芝のクッション値は標準「9.3」と計測された。

グランアレグリアが制した昨年のスプリンターズSの芝のクッション値はやや硬めの「10.4」。勝ち時計は1分8秒3と遅かったが、勝ち馬は上がり3F33秒6を計時するなど馬場状態は良好だった。

今年は金曜に接近した台風の影響に加え、前夜の降雨により水分を含んだ馬場状態となっている。実際、芝の含水率はゴール前14.0%(前年11.9%)、4コーナー14.1%(10.7%)と高い。

◆【スプリンターズステークス2021予想/追い切りジャッジ】最高評価「S」は“豹変”ぶりを披露した有力馬 貫禄と順調さの証明で「視界良好」

ただ、土曜の中山10R・勝浦特別(サトノファビュラス)は芝1200m1分8秒4で、昨年(グッドマックス)1分8秒8と遜色なく、数字ほど馬場状態は悪化している印象はない。3日当日は天候が回復しており、午後へ向けて馬場は急速に乾いてくるだろう。

土曜の芝レースはインを通った逃げ・先行馬の前残りが目立った。スプリンターズSでも逃げ・先行馬に優位か。

3日午前に計測された中山芝・ダートの含水率、芝のクッション値は以下のとおり。

■当日/10月3日(日曜)

含水率
┗ゴール前=芝14.0%|ダ11.6%
┗4コーナー=芝14.1%|ダ13.8%
芝のクッション値=9.3[標準]

■前日/10月2日(土曜)

含水率
┗ゴール前=芝15.0%|ダ16.1%
┗4コーナー=芝14.0%|ダ12.4%
芝のクッション値=9.3[標準]

■前年/10月4日(スプリンターズS当日)

含水率
┗ゴール前=芝11.9%|ダ3.5%
┗4コーナー=芝10.7%|ダ3.3%
芝のクッション値=10.4[標準]

◆【スプリンターズステークス2021予想/穴馬アナライズ】レシステンシアとダノンスマッシュの2強に割って入る「前売り10番人気以下」の盲点

◆【スプリンターズステークス2021予想/データ攻略】ダノンスマッシュとピクシーナイトの明と暗 どちらかに該当する“複勝率0%”データとは

◆【スプリンターズステークス2021予想/騎手データ】波乱の様相漂う秋GI初戦 注目は“フタ桁人気で一発”が見込める「穴騎手」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします