「全米オープンで、錦織圭が優勝できる確率は…?」と聞かれた松岡修造が、機転を利かせて出した答えに報道陣も驚愕

2018シーズン最後のグランドスラム、全米オープンテニス。8月27日~9月10日までWOWOWが連日独占生中継する。同中継の解説を担当するのは、おなじみ松岡修造さんだ。(取材・撮影・編集は、大日方航)

そんな修造さんが全米オープンで注目する選手の1人は、やはり錦織圭選手だ。

ワシントンで行われたシティオープンでの錦織選手への期待感をテレビで観戦していた感覚からすると、全米オープンに対する錦織圭選手への期待度は、それこそ「計り知れない」という。

「例えば、CMでの露出度も錦織圭が一番高いです。『日本人』の錦織圭がです。海外での注目度の高さに比べると、日本での注目度は一時期に比べると弱くなっている気がする。これは、テニスが日本で定着していないからかもしれません。どこか、ブーム的な感覚でのテニスというか。テニスの本質的な面白さを伝えていくうえで、僕のポジションは大事だと思っています」

錦織圭選手の調子は…?

錦織選手の状態は「今までで一番いい」という。大会での最初の試合を見て、「試合が終わる前に褒めまくりメールしちゃった」というくらいだ。ちなみに、修造さんは自身のメールには「絶対返信するな」と選手に伝えてあるという。

「気持ちが戻ってきた。テニスを好きだった頃の圭(錦織選手)が、どんなことをしても勝ちたいという圭が、帰ってきた。やりにくい試合でも、きちっと一球一球ガッツポーズをつくっている。あれが今までの圭じゃない。今は、試合中に追い詰められても楽しんでいるように見える」

「ショットがまだ甘く、いまは全部内側に寄っていますが、あれは、全米オープンまでに必ずライン際に寄っていきます。そうなれば、相手は(打球を)とれません。この集中力で我慢していけば必ずそう言った状態になると思います。イキイキしているんですよ。高いテンポでどんどん打って」

若手の台頭。どう見ている?

近年、アレクサンダー・ズベレフ選手などを筆頭に、若い世代が台頭してきているが、今大会の全米オープンで、彼らはどう大会を荒らしにくるだろうか。

「錦織選手は間違いなく記者会見では(ズベレフ選手らが)『きている』という言い方をするでしょうが、本心は『(台頭してくるのが)遅い』と思っているでしょうね。特に、ドミニク・ティエム選手。もっと早くくるべきだろう、と。本来ならトップ3にいなければいけない選手。これは、チャンスととらえている。(全仏オープンで)負けはしたけれど、本人にはテニスで負けた感覚はないんじゃないですかね。試合をコントロールしているように見えましたし」

この大会で、勝つしかない。

しかし、そうしたいい状態だからこそ、錦織選手はこの全米オープンでタイトルを「とらなければならない」と修造さんは言う。

グランドスラムの大会を制覇した経験があるかないかでは、その後のテニスも大きく変わってくるのだという。ラファエル・ナダル選手やロジャー・フェデラー選手。彼らは、「王者としての勝ち方を知っている」ということだ。

全米オープンで勝つということが、錦織圭の人生を変える。グランドスラム4つ取りたいと考えたら、アラームが鳴っている状態。いま、『錦織圭は大事なところでは結果が出せない』といったマイナスイメージがつきはじめている。それを阻止できるのは、この大会」

「周りからのイメージ」が本人に与える影響とは

なにより、「周りからの『イメージ』ほど怖いものはない」と修造さん。

「どうせ怪我するだろう、どうせギリギリで負けちゃうんじゃないか、といった周りからの声。『俺は勝てる』と思っていてもそのイメージを変えられてしまう。特に錦織圭。繊細だし、とことん自分を信じられるタイプかというと、そうではない。天才ですけど

錦織圭選手(c)Getty Images

修造さんも現役時代そうした「周りからのイメージ」に悩まされることがあったのかを問うと、「そんなのはないです」と一蹴。

「そんなもの、世界ランキング46位の人にはないんです。『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(1)という映画を見たのですが、錦織圭含め、トップの人たちがどんな世界で、どんなプレッシャーを受けながら戦っているのか、よくわかる映画でした。これを見て、錦織圭はこんな世界でやっているのか、勝手なことを46位が言ってはいけないと反省しましたね」

(1)8月31日公開。実在したテニスプレイヤーであるビョルン・ボルグとジョン・マッケンローが1980年ウィンブルドン選手権の男子シングルス決勝戦で打ち合った世紀の試合を映画化したもの。

全米オープンと、錦織選手の相性

米国を拠点にし、ハードコートでのプレーを得意とする錦織選手。同大会において2014年度には準優勝、2016年にはベスト4に進出するなど実績も積んでいる。相性も抜群だ。修造さんも太鼓判を押す。

「例えば、全豪オープン。『錦織圭に一番有利な大会だ』と僕は言うでしょう。ウィンブルドンでも、『錦織圭に一番向いている大会だ』と言うでしょうね。そう思うようにしたいし。ただ、ただですよ。冷静に考えて、全米オープンが一番彼向きの大会でしょう。アメリカの雰囲気、考え方、文化を13歳から知っている。一度は決勝まで行っている。ホームのような感覚もあるし、コートのバウンド、ボールの硬さ。そういうものが全てピタッとはまる」

2016年全米オープンの様子 (c)Getty Images

【編集後記】

「錦織圭が全米オープンで優勝できる確率は」という質問を「そんなの分かりません」と一蹴するも、笑みを一瞬浮かべ、おもむろに紙に何かを書き始めた修造さん。どうやら、錦織圭選手の名前、「圭」という漢字を書いているらしい。

「ジョコビッチ選手に、優勝する確率を5割以上あげる人はいないと思うんですよ。フェデラー選手も、伝え方にもよりますが5割以上あげないはずです。その中で、圭は2〜3割あると思います。普通の人は『低いな』と思うかもしれませんが、これは相当高いですよ

そう言いながら、「圭」という漢字に潜む「+」の部分を丸で囲み強調する。

 

そして、錦織圭は、その優勝する可能性を試合中に『プラス』していくことができる。それができるのは錦織圭しかいない。いい時も、悪い時も全米オープンで経験してきている」

錦織選手の名前から無理矢理に答えを引き出そうとするこの機転に、「おぉ」と報道陣からも驚きの声と笑い声が起きる。さすが修造さん。メディア慣れしている。

「楽しみという言葉は使いたくないですが、ワクワクしてますね」と最後にこぼした修造さん。直接インタビューをして感じたが、やはり、カリスマだ。雰囲気、言葉のトーン、選び方などに圧倒された。

全米オープン、楽しみだ。

≪全米オープンテニス放送予定≫
・全米オープンテニス
・8/27(月)~9/10(月)WOWOWにて連日独占生中継
※第1日無料放送
※9/1(土)の第5日(7:30~15:00)無料放送

《取材・撮影・編集:大日方航》

《関連記事》

松岡修造が語る大坂なおみの「なおみキャンドル」…全米オープンは、無双するか否かの二択

松岡修造がテニス解説中に”黙る”理由「会場でポツンと見ている感覚にするのが、僕の役割」

ダニエル太郎には「”5歩亀”になってほしい」?松岡修造が全米オープン出場選手について語る

インタビュー

狩野舞子が“リアルな”新作ゲーム『スパイク バレーボール』に挑戦したら「バレーボールあるある」が満載だったPR

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします