【格闘技/RIZIN TRIGGER 1st】11月28日 対戦カード、試合結果、中継情報一覧

(C)RIZIN FF

RIZIN TRIGGER 1st」が11月28日、神戸ワールド記念ホールで開催される。

メインマッチは、朝倉未来も「華がある」と認めたストライカーである萩原京平と、“3秒KO”の世界記録を持つ“瞬殺侍”昇侍による一戦。両者はすでに激しい打撃戦を宣言しており、金網(ケージ)内での白熱した戦いになることは必至だ。スペシャルワンマッチには、再起に燃える百花奥田啓介鈴木千裕のほか、RIZIN2連勝中の堀江圭功らが参戦する。

「RIZIN TRIGGER 1st」の対戦カードと試合順、中継・LIVE配信情報は以下の通り。
※試合結果は28日当日に順次更新予定

【格闘技/RIZIN TRIGGER】堀江圭功、百花、奥田啓介らの参戦決定 出場選手が意欲「死に物狂いで勝ちます」

▼全14試合・対戦カード詳細

◆第1試合~第4試合(森井翼、加藤ケンジ、百花、市村大斗 etc.)
◆第5試合~第8試合(政所仁、釜谷真、奥田啓介、鈴木千裕 etc.)
◆第9試合~第11試合(竿本樹生、魚井フルスイング、住村竜市朗 etc.)
◆第12試合~第14試合(ストラッサー起一、堀江圭功、昇侍、萩原京平 etc.)
◆テレビ放送・配信中継一覧

■第1試合

(C)RIZIN FF

スペシャルワンマッチ
森井翼 vs. FUJIMON♡
RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(55.0kg)

◆試合結果
勝利:森井翼(判定 3-0)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

開始早々、森井が積極的に前へ。これでペースを掴んだ森井がFUJIMON♡を追い込んでいく。飛び膝とワン・ツーのコンビネーションを打ち込む森井、FUJIMON♡もバックブローで応戦。しかし終始、的確に有効打を入れた森井翼が判定の末、フルマーク3-0で勝利した。現役国立大学生の森井がRIZIN初参戦で白星を飾った。

■第2試合

(C)RIZIN FF

スペシャルワンマッチ
加藤ケンジ vs. 藤原克也
RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)

◆試合結果
勝利:加藤ケンジ(2R TKO)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

一撃の決め手を持つ両者の攻防は開始早々から試合が動いた。先に飛び込んだ加藤に対し、マウントポジションを取られた藤原。加藤がパウンドで攻めるが、フィニッシュに至らず。加藤のパンチが藤原の顔面を捕らえ、鼻からの流血が激しい藤原にドクターチェックが入る。迎えた2ラウンド3分41秒、加藤の左フックがヒットすると再び藤原が流血し、ここでレフェリーストップ。1年10カ月ぶりのRIZIN参戦で、加藤ケンジがTKO勝ちを収めた。

■第3試合

(C)RIZIN FF

スペシャルワンマッチ
百花 vs. 未來
RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(46.0kg)

◆試合結果
勝利:百花(判定 3-0)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

序盤からケージ中央でキックとパンチの応酬で打ち合う両者。百花の左フックが入り、未來の顔面に流血が見られた。未來も前蹴りからのローで攻めるも、10cmのリーチ差を活かして重いパンチを入れる百花。第2ラウンドも勢いの止まらない百花が打撃で終始試合をリード優勢。右ストレートを顔面に受け、未來は鼻から大量に出血し口で息をする苦しい展開。最終ラウンドは体力にも余裕のある百花が未來を追い詰め、判定の結果、百花が3-0で勝利。前回「RIZIN.30」でぱんちゃん璃奈に敗れた百花が、RIZIN2戦目で初勝利を飾った。

■第4試合

(C)RIZIN FF

スペシャルワンマッチ
市村大斗 vs. テーパリット・ジョウジム
RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(61.0kg)

◆試合結果
勝利:テーパリット・ジョウジム(2R TKO:右フック)

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

(C)RIZIN FF

一撃が重い両者のパンチとキック。早くもテーパリットの強烈なローが市村の動きを止め始めるが、金網に追い込んだ市村がコンビネーションで攻める場面も。第2ラウンドも互いに重たい打撃を打ち合う展開。テーパリットのボディが市村に複数回決まった後、2分40秒過ぎ、強烈な右フックが顔面にヒット。市村はそのまま立ち上がることができず、3度の防衛戦にも成功した元WBA世界スーパーフライ級チャンピオンのテーパリットがRIZIN初勝利を挙げた。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします