天災で中止続出のプロ野球…過密日程の阪神にファンから心配の声、ダブルヘッダーの可能性も

BALTIMORE, MD - JULY 25: The grounds crew pulls the rain tarp onto the field during the second inning as the Baltimore Orioles play the Boston Red Sox at Oriole Park at Camden Yards on July 25, 2018 in Baltimore, Maryland. (Photo by Patrick Smith/Getty Images)

大阪府北部地震、西日本豪雨、台風21号による豪雨、北海道地震…など例年以上に様々な自然災害に見舞われている2018年。

これらの天災によってプロ野球界も大きな打撃を受け、甲子園球場を本拠地とする阪神タイガースは、豪雨災害や度重なる降雨の影響でホームゲームの試合の中止が続出した。

今シーズンの阪神は、全チームの中で最も消化した試合が少ない。9月12日の時点であと26試合を残している。

また、札幌ドームを本拠地する北海道日本ハムファイターズも、9月の地震の影響でホームゲームの中止が決まった。残り21試合とペナントレース終盤に差し掛かったところで大打撃を受けている。

他にも、残り23試合のソフトバンクやロッテなども苦しい状況に立たされた状況だ。今後も中止が続くようであればペナントレースの結果に悪影響を及ぼすことは避けられないだろう。

残り26試合中23試合が屋外開催の阪神…

セ・リーグ4位につける阪神にとってラストスパートをかけたいこの時期。

しかし、残り試合26試合のうち、23試合が屋外開催の試合であるため、全てが予定通りに消化されるとは限らない状況だ。

選手自身もコンディション調整が難しくなることから、何としてでも日程通りに消化し切りたいところではある。

阪神タイガースの公式インスタグラムが、雨天中止が決まった試合でパフォーマンスを見せる北條史也選手と長坂拳弥選手の様子を投稿している。

この投稿があったのは6月。この頃はまだ日程に余裕があったので楽しいパフォーマンスタイムだったが、今見るとヒヤヒヤものの映像だ。

ファンからも心配の声

過密日程を強いられる阪神に対してファンからも心配の声が上がっている。

順調に日程を消化してきた巨人(残り16試合)や中日(残り14試合)に比べて厳しい終盤戦になることは避けられない。

雨天中止できるのは残り1日だけ?

10月13日からはクライマックスシリーズが、10月27日からは日本シリーズの開催が予定されている。これらの日程は変更できないため、開催前にはペナントレースの消化が必要だ。

9月12日の段階で、クライマックスシリーズの開幕までは31日間しかない。通常通り週1回休養日を設けた場合、試合可能な日数は27。

26試合を消化しないと行けない阪神にとっては、今後雨天中止が許されるのは1日だけだ。2日間雨で中止になった場合は、休養日返上で試合する必要がある。

ダブルヘッダーの可能性も

今後も天候が安定せず中止が相次いだ場合、ダブルヘッダーの実施が予想される。ダブルヘッダーとは、1日に2回試合を開催すること。選手にとっては通常の試合よりも負担の大きい日程だ。

日本のプロ野球において、ダブルヘッダーは1998年を最後に実施されていない。今年ダブルヘッダーを行うとすれば、20年ぶりの珍事だ。

厳しい日程の中、各球団はどのようにペナントレースを乗り切るのか。注目が集まる。

≪関連記事≫

前田健太、メジャーリーグ移籍後 初の雨天中止に「雨男復活か。。。?!」

ヤンキース本拠地開幕戦が雪で中止…福原愛もビックリ、田中将大「(°_°)」

小林悠、超過密日程を前に束の間の休息…春の風物詩には適わない様子

阪神・メッセンジャーの日本語が上手!スタッフからの質問に「めっちゃイージー」


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします