【MLB】残留決定の筒香嘉智、米データサイトが予測する来季成績は? 勝負の3年目で求められる長打力

パイレーツ・筒香嘉智(C)Getty Images

ピッツバーグ・パイレーツは29日(日本時間30日)、フリーエージェント(FA)となっていた筒香嘉智外野手との契約を正式発表した。MLB公式サイトによると、年俸400万ドル(約4億4000万円)の単年契約となっている。

チーム関係者からも筒香の残留を歓迎する声が寄せられており、来季は正一塁手としての活躍が期待されている。

◆鈴木誠也や千賀滉大だけじゃない 米専門サイトが将来のMLB挑戦を期待する5選手

■「ヨシの残留が叶って興奮」

MLB公式サイトでは、パイレーツのベン・チェリントンGMのコメントを紹介。「ヨシの残留が叶って興奮している。素晴らしいチームメイトであり、野球を良く理解した洞察力のある選手でもある」と筒香を称賛しており、若手選手にも良い影響を与えるだろうと語っている。

タンパベイ・レイズとロサンゼルス・ドジャースでのプレーを経てシーズン途中に加入したパイレーツでは、43試合で打率.268、8本塁打25打点、OPS.883を記録した筒香。来季はその打撃力をさらに生かすため、一塁手としての起用をチェリントンGMは考えているようだ。実際に、チームは主に一塁を守っていた左打者のコリン・モラン内野手をDFAとし、筒香のために“枠”を空けている。

■Steamerで予測される来季成績は…

筒香にとってメジャー3年目となる来季は勝負の年となることが予想されるが、米データサイト「FANGRAPHS」では、既に来季の成績予想が紹介されている。

これはSteamerというシステムを用いて算出され、年齢や過去の実績などから未来の成績を予測するものだ。

過去2年連続でシーズン8本塁打に終わっている筒香だが、Steamerでは来季103試合出場で18本塁打51打点と予測。打率は.235と低めだが、長打率は.424、OPSは.753と、長打力に関しては一定の評価がされているようだ。

今季のパイレーツのチーム本塁打数はリーグワーストの124本。もし筒香がこの予測成績を上回る結果を残せば、400万ドルという比較的リーズナブルな契約と相まってチームに与える好影響は計り知れない。着実にMLBへのアジャストを続ける筒香だが、来季のさらなる活躍に期待が高まる。

◆鈴木誠也や千賀滉大だけじゃない 米専門サイトが将来のMLB挑戦を期待する5選手

◆なぜ鈴木誠也の評価は米国で高騰するのか 現地の声や成績面から見えた“真の強み”とは

◆秋山翔吾はなぜ米国で苦戦するのか 打撃データが物語る「明白すぎる課題」

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします