【ホープフルS/危険な人気馬-後編】GI級の素質秘める前走惜敗馬を本命視、穴に生粋の「中山巧者」を指名

前編」ではコマンドラインの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではコマンドラインに代わる本命、そして穴馬5頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【ホープフルステークス2021予想/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 来春の牡馬GI戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【ホープフルS/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 来春の牡馬GI戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

■衝撃のレコードはまさにGI級

本命には、前走の萩S2着馬のキラーアビリティを指名する。ダノンスコーピオン(朝日杯FS3着)との素質馬対決となったが、直線で先に抜け出すものの、ダノンスコーピオンの末脚に屈し2着に敗れた。評価すべきは2戦目の2歳未勝利(小倉芝2000m)の内容で、従来の2歳コースレコードを1秒7も更新する1分59秒5という驚愕のタイムに加え、ラスト1F10秒8を計測する衝撃の末脚を繰り出す非凡な内容での勝利だった。来春以降の飛躍に大きな期待がかかる一頭なだけに一気のGI獲りもありえる。鞍上と共に初物尽くしといきたいところだ。

対抗はジャスティンパレス。前走は黄菊賞(芝2000m)に出走したが、5頭立ての新馬戦に続き、6頭立てという少数頭の競馬となった。レースでは2番手で素直に折り合い、鞍上に逆らう素振りもみせなかった。直線に入ると長くいい脚を使い続け、逃げた2着馬のメイショウゲキリンに競り勝った。半兄はベルモントSなど米GI2勝を挙げたパレスマリスという血統背景があり、いかにも「中長距離向け」といった感じで適性面はメンバー最上位だろう。

以下、押さえでオニャンコポンフィデルサトノヘリオスラーグルフボーンディスウェイとする。ボーンディスウェイの前走葉牡丹賞では逃げてクビ差の辛勝だった。接戦の勝利だったとはいえ、走法やラップタイムなどジェネラーレウーノ(皐月賞3着、セントライト記念1着)に相似しており、雄大な馬体の持ち主のためタフな条件で浮上してきそうな一頭。将来的には生粋の中山巧者になる可能性も高く、将来性込みでここも評価しておきたい。

◆【ホープフルステークス2021予想/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 来春の牡馬GI戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

【ホープフルS/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 来春の牡馬GI戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

▼その他穴馬予想
◆【ホープフルステークス2021予想/穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”以下の盲点 大敗が嫌われるなら「妙味あり」

◆【ホープフルステークス2021予想/穴馬アナライズVol.2】新馬の惨敗は“度外視” 馬群から突き抜けられる末脚の持ち主

◆【ホープフルステークス2021予想/穴馬アナライズVol.3】単勝“30倍”以上の伏兵 叩き良化タイプで「ようやく本領発揮」

ホープフルステークス2021予想コラム一覧

▼データ予想
◆【出走馬考察】来春の牡馬クラシックを占う出世レース 有力馬の戦力がまるわかり

◆【データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

◆【データ攻略-後編】「人」と「血の力」がプラスに働くか、連勝を伸ばす可能性がある穴馬候補とは

◆【騎手データ】条件合致で驚異の「100%」 混戦を断つ信頼の2騎手

▼その他データ傾向
◆【血統傾向】3戦3勝の血に“一発”の気配 コマンドラインは三冠馬と似た配合も…

◆【枠順】コマンドラインは勝率35.7%の4枠 GI全制覇リーチの武豊騎乗のアスクワイルドモアは8枠へ

◆【脚質傾向】5年連続勝ち馬は「上がり最速」 あわせて注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】GIIに昇格の「東スポ杯2歳S組」は不在、距離別成績から混戦の2歳GIを読み解く

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします