【ホープフルS/枠順】コマンドラインは勝率35.7%の4枠 GI全制覇リーチの武豊騎乗のアスクワイルドモアは8枠へ

28日に中山競馬場で行われる第38回・ホープフルS(GI、芝2000m)の枠順が23日、発表された。

前走サウジアラビアRCを制したコマンドラインは4枠6番、現在2連勝と勢いに乗るオニャンコポンは7枠12番、エリカ賞を制したサトノヘリオスは4枠7番、素質馬キラーアビリティは3枠5番に入った。

この記事では、過去7年データをもとに予想のヒントになる「枠順傾向」を分析していく。

◆【ホープフルステークス2021/出走馬考察】来春の牡馬クラシックを占う出世レース 有力馬の戦力がまるわかり

【ホープフルS/出走馬考察】来春の牡馬クラシックを占う出世レース 有力馬の戦力がまるわかり

■コマンドラインは好成績を残す4枠に

上位人気が予想されるコマンドラインが入った4枠は【2-1-2-9】と過去7年間で馬券に最も絡む5回(複勝率35.7%)と好成績を残している。また、2勝は18年1番人気サートゥルナーリア、17年1番人気タイムフライヤーでありコマンドラインが1番人気になるか注目だ。また、キラーアビリティの3枠は【0-1-0-10】と2着が1回のみとなっている。

また、今年の朝日杯フューチュリティSを3番人気のドウデュースで初制覇した武豊騎手。残る自身の未勝利GIが本レースのみとGI全制覇の期待がかかる武豊騎手のアスクワイルドモアの8枠は【0-1-0-15】と3枠と同じ2着が1回のみと厳しい枠になっている。この2着は、17年に武豊が騎乗した5番人気ジャンダルムによるものとなっている。

◆【ホープフルステークス2021予想/データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

【ホープフルS/データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

■最多2勝の枠が3つ

4枠と同じ最多勝利となる2勝をしている2枠は、19年の1番人気コントレイル、16年の1番人気レイデオロと1番人気になった時に4枠と同じように勝利している。今年、2枠にはアケルナルスターラーグルフが入っている。

また、4枠と2枠と同じ2勝をしている5枠にジャスティンパレスボーンディスウェイが入っている。この馬の激走にも期待したいところだ。

▼その他データ傾向
◆【ホープフルステークス2021/血統傾向】3戦3勝の血に“一発”の気配 コマンドラインは三冠馬と似た配合も…

【ホープフルS/血統傾向】3戦3勝の血に“一発”の気配 コマンドラインは三冠馬と似た配合も…

◆【ホープフルステークス2021/枠順】コマンドラインは勝率35.7%の4枠 GI全制覇リーチの武豊騎乗のアスクワイルドモアは8枠へ

【ホープフルS/枠順】コマンドラインは勝率35.7%の4枠 GI全制覇リーチの武豊騎乗のアスクワイルドモアは8枠へ

◆【ホープフルステークス2021/脚質傾向】5年連続勝ち馬は「上がり最速」 あわせて注目すべき条件とは

【ホープフルS/脚質傾向】5年連続勝ち馬は「上がり最速」 あわせて注目すべき条件とは

◆【ホープフルステークス2021/前走ローテ】GIIに昇格の「東スポ杯2歳S組」は不在、距離別成績から混戦の2歳GIを読み解く

【ホープフルS/前走ローテ】GIIに昇格の「東スポ杯2歳S組」は不在、距離別成績から混戦の2歳GIを読み解く

ホープフルステークス2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”以下の盲点 大敗が嫌われるなら「妙味あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】新馬の惨敗は“度外視” 馬群から突き抜けられる末脚の持ち主

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“30倍”以上の伏兵 叩き良化タイプで「ようやく本領発揮」

◆【危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 来春の牡馬GI戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】GI級の素質秘める前走惜敗馬を本命視、穴に生粋の「中山巧者」を指名

▼データ予想
◆【騎手データ】条件合致で驚異の「100%」 混戦を断つ信頼の2騎手

◆【出走馬考察】来春の牡馬クラシックを占う出世レース 有力馬の戦力がまるわかり

◆【データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

◆【データ攻略-後編】「人」と「血の力」がプラスに働くか、連勝を伸ばす可能性がある穴馬候補とは

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします