【ホープフルS/データ攻略-後編】「人」と「血の力」がプラスに働くか、連勝を伸ばす可能性がある穴馬候補とは

前編ではコマンドラインキラーアビリティの追い風となるデータについて取り上げたが、後編ではデータ面から浮上する穴馬候補2頭を取り上げる。

◆【ホープフルステークス2021予想/データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

【ホープフルS/データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

【UMAJIN.net-競馬サロン】[有馬記念も対象]30日間無料トライアル&21世紀名牝カレンダー無料プレゼントキャンペーン実施中

■データが導く2021ホープフルSの穴馬候補は

2017年は8人気馬が馬券内に飛び込んだホープフルS。ここでは高配当の使者となりうる穴馬候補2頭をデータ面から取り上げたい。

<穴候補1 オニャンコポン>

一度聞いたら忘れない馬名の持ち主。ただ競走能力には非凡なものがあり、2戦2勝とキャリアを通じていまだ無敗。そんな同馬には「」の力がプラスに働きそうだ。

・菅原明良の中山芝2000m成績【5-6-4-29】

馬券内率は34.1%。単勝回収率203%、複勝回収率237%が示すように人気薄での好走が目立っているのが特徴だ。鞍上が今年、この条件で挙げた4勝はいずれも4人気以下。大きな飛躍を遂げた若手のホープが大舞台をモノにするシーンは想定しておきたい。

<穴候補2 サトノヘリオス>

穴馬と呼ぶにはやや人気寄りかもしれないが、この馬もまたデータが味方する。ここで注目すべきは「血の力」。

・近親のホープフルS成績【3-0-0-0】

該当馬はエアシャカール、エアシェイディ、エアアンセム。サトノヘリオスの近親にはこれでもかとホープフルS勝ち馬が並んでいるのだ。この馬自身、今回と同じ内回りの急坂芝2000mで行われた前走エリカ賞はレコードでの勝利。間接的な適性を証明しており、血の力を背に受けて連勝を伸ばす可能性は十分だ。

◆【ホープフルステークス2021予想/データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

【ホープフルS/データ攻略-前編】「馬券内率100%」の強力データが後押し、アーモンドアイ・コンビの新たな一戦に注目

▼その他データ予想
◆【ホープフルステークス2021予想/騎手データ】条件合致で驚異の「100%」 混戦を断つ信頼の2騎手

【ホープフルS/騎手データ】条件合致で驚異の「100%」 混戦を断つ信頼の2騎手

◆【ホープフルステークス2021/出走馬考察】来春の牡馬クラシックを占う出世レース 有力馬の戦力がまるわかり

【ホープフルS/出走馬考察】来春の牡馬クラシックを占う出世レース 有力馬の戦力がまるわかり

ホープフルステークス2021予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズVol.1】前日“10人気”以下の盲点 大敗が嫌われるなら「妙味あり」

◆【穴馬アナライズVol.2】新馬の惨敗は“度外視” 馬群から突き抜けられる末脚の持ち主

◆【穴馬アナライズVol.3】単勝“30倍”以上の伏兵 叩き良化タイプで「ようやく本領発揮」

◆【危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 来春の牡馬GI戦線を占う一戦で「買うべきではない」1頭とは

◆【危険な人気馬-後編】GI級の素質秘める前走惜敗馬を本命視、穴に生粋の「中山巧者」を指名

▼その他データ傾向
◆【枠順】コマンドラインは勝率35.7%の4枠 GI全制覇リーチの武豊騎乗のアスクワイルドモアは8枠へ

◆【血統傾向】3戦3勝の血に“一発”の気配 コマンドラインは三冠馬と似た配合も…

◆【脚質傾向】5年連続勝ち馬は「上がり最速」 あわせて注目すべき条件とは

◆【前走ローテ】GIIに昇格の「東スポ杯2歳S組」は不在、距離別成績から混戦の2歳GIを読み解く

▼競馬ストーリーテラー・田原基成の重賞分析TV「ホープフルS編」

著者プロフィール

田原基成(たはらもとなり)●競馬評論家

競馬予想の魅力を世に発信し続ける「競馬ストーリーテラー」。予想に対して謎ときに近い魅力を感じており、ローテーション・血統の分野にて競馬本を執筆。現在はUMAJIN内「競馬サロン」にてコラム【競馬評論家・田原基成のいま身につけるべき予想の視点】 執筆中。『SPREAD』ではデータ分析から読み取れる背景を紐解き、「データの裏側にある競馬の本質」を伝えていく。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします