トライアスロン効果?瀬戸大也、200m個人メドレーはワールドカップレコードで優勝!

競泳男子の瀬戸大也選手がインスタグラムを更新し、オランダのアイントホーフェンで行われていた競泳のワールドカップ(W杯)で優勝したことを報告した。

瀬戸選手が優勝したのは、9月29日に行われた男子200m個人メドレー。大会新記録をマークし、2位に入った入江陵介選手に約4秒差をつけて勝利した。

瀬戸選手は「200IMは1:51.09のワールドカップレコードで優勝できました!!明日はメインの400IM…頑張ります」と喜びのコメント。優勝の瞬間をとらえた映像や金メダルを公開した。

ファンからは、祝福の声が多数寄せられている。

  • ダントツでトップでしたね 良かったーーね 本領発揮 おめでとう 400メートルも同じ調子で
  • ワールドカップレコードでの優勝おめでとうございます また、カッコいい姿が見れて嬉しいです!明日の400も頑張ってくださいね
  • トライアスロン効果!

男子400m個人メドレーでも大会新記録をマーク

また、瀬戸選手は、9月30日に行われた男子400m個人メドレーでも大会新記録をマークして金メダルを獲得。メダルは「金」2個、「銀」1個、「銅」1個を獲得する健闘を見せた。

また、「明日はBudapestに移動です」とコメント。競泳W杯第2クラスター(10月4日~6日)の舞台となるハンガリーの首都・ブダペストへ向かうことを伝えている。

ちなみに、11月の第3クラスターは、北京、東京、シンガポールで行われる予定だ。

瀬戸選手はさらなる進化を遂げるため、9月には人生初となるトライアスロンにもチャレンジしたばかり。

プライベートでは6月に長女が生まれるなど公私ともに充実の時を迎えている。東京五輪という最大の目標へ向け、今後どのような進化を見せてくれるか楽しみだ。

≪関連記事≫

瀬戸大也、初めてのロードバイクを入手「新しいトレーニングがまた増えました」

瀬戸大也、ゴルフコースデビュー「アクティブレストのオフは大好きです!!」

瀬戸大也、家族3人での初旅行はディズニーシー…「素敵なパパです!」とファン絶賛

瀬戸大也、アジア大会でのファンの声援に感謝「これからも応援よろしくお願い致します!」

 

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします