【愛知杯/穴ライズ】想定“10人気”以下の盲点 5歳を迎えて「まさしく今が充実期」

牝馬限定の愛知杯は、過去10年で1~3番人気が【3-2-2-20】。2桁人気の穴馬の激走が後を絶たない波乱含みの重賞で、2020年には単勝1桁台の人気馬が1頭も馬券に絡めず、9→5→11番人気の決着で3連単は59万8800円を記録した。

昨年の1着馬マジックキャッスルと2着馬ランブリングアレーや19年2着馬ノームコアといった、後にGI・ヴィクトリアマイルで馬券内に好走する馬を出す出世レースでもある。つまり、マイル実績やレース内容の見極めが「穴馬」発掘のポイントとなる。

◆【愛知杯2022予想/穴馬アナライズVol.1】爆発力を秘めた4歳世代の“伏兵” 「コース替わりはプラス材料」

■ラヴユーライヴ

4走前の2勝クラス・支笏湖特別を快勝後、3勝クラス・納屋橋S、西宮Sで足踏みしてしまったが、前走の立雲峡Sをハナ差で制し、念願のオープン入りを果たした。

兄にリアルスティール、姉にラヴズオンリーユーがいる言わずと知れた超良血馬で、3歳時にも後に目黒記念を制するウインキートスを突き放すなど非凡な才能をみせていたが、5歳を迎えて馬体がパワーアップし、まさしく今が充実期といったところだろう。

前走は久々のマイル戦が影響し7番手からの競馬だったが、逃げの手でも強い勝ち方が出来る自在性のある馬で、どのポジションでも崩れない競馬センスはここでも引けを取らないだけに、波乱の立役者となる可能性は高そうだ。

◆【日経新春杯2022予想/追い切り診断】人気一角に不満の低評価「B」 ピーク時と比べれば物足りず「反応が鈍い」

◆【日経新春杯2022予想/危険な人気馬】左回りで数値“急上昇”の穴馬に注目 馬券内率「65%超」を誇る生粋のサウスポー

◆【日経新春杯2022予想/データ攻略】ステラヴェローチェに降りかかる「勝率0%」という不安要素とは

▼UMAJINチャンネル「必勝!岡井塾-日経新春杯編」

著者プロフィール

山田剛(やまだつよし)●『SPREAD』編集長
元・競馬月刊誌の編集長で、現在はスポーツの未来を読みとくメディア『SPREAD』の編集長。1995年マイルCSの16番人気2着メイショウテゾロの激走に衝撃を受けて以来、穴馬予想を追求し続けている。「ウマ娘」はゴールドシップ推し。


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします