【日経新春杯/危険な人気馬-後編】左回りで数値“急上昇”の穴馬に注目 馬券内率「65%超」を誇る生粋のサウスポー

前編」ではヨーホーレイクの不安材料を挙げ、消しの評価としたが、「後編」ではヨーホーレイクに代わる本命、そして穴馬5頭を含めた対抗以下の結論を紹介する。

◆【日経新春杯2022予想/追い切り診断】ステラヴェローチェに辛口評価 想定外のメニューが「レースにどう影響するか…」

【日経新春杯/追い切り診断】ステラヴェローチェに辛口評価 想定外のメニューが「レースにどう影響するか…」

■対抗は上がりに特化している伏兵馬

本命には、有馬記念で4着に好走したステラヴェローチェを指名。ゲートが悪く、ポジション取りに苦労したものの最後の直線で追い込み0秒3差まで迫った結果を踏まえるとここでは実績が抜けている。鞍上のデムーロも先週のフェアリーSを制するなど昨年末から調子を上げており、人馬ともに今年は飛躍の一年となるだろう。ここは嫌わずに素直に本命とする。

対抗はトラストケンシン。前走の中日新聞杯ではこれまで同様後方から末脚を伸ばす競馬となったが、インで待機していたものの直線で外に出してしまいロスのある内容だったのにも関わらず6着まで追い込んだ。今回も軽斤量を背負うだけに、昨年波乱を巻き起こしたミスマンマミーアを彷彿とさせるような末脚で上位入線を期待したいところだ。

以下、押さえでアフリカンゴールドショウナンバルディフライライクバードダノンマジェスティマイネルウィルトスとする。マイネルウィルトスは前走チャレンジCで惨敗してしまったが、この馬の左回りの成績は【1-2-1-2】と掲示板を外したことが一度もない「生粋のサウスポー」なのだ。不良馬場で行われた福島民報杯(新潟)を圧勝した内容も踏まえると、荒れてきた中京の馬場適性はメンバー最上位だろう。左回りで爆発力を秘める「生粋のサウスポー」が今年の波乱の立役者となりそうだ。

◆【日経新春杯2022予想/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 黄金世代の真価が問われる一戦で「買うべきではない」1頭とは

【日経新春杯/危険な人気馬-前編】人気の良血馬は“消し” 黄金世代の真価が問われる一戦で「買うべきではない」1頭とは

日経新春杯2022予想コラム一覧

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】前走惨敗で“妙味”あり 「条件好転でハンデ据え置き」

◆【穴馬アナライズvol.2】前日“10人気”以下の盲点 展開次第で「一発の予感」

◆【穴馬アナライズvol.3】単勝“60倍以上”の爆穴 前走見せ場ありで「軽視禁物」

▼追い切り診断
◆【S評価】ステラを上回る「S」評価は穴馬 今がまさに充実期で「初タイトルも見える」

◆【A評価】ステラヴェローチェに辛口評価 想定外のメニューが「レースにどう影響するか…」

◆【A評価】前走人気薄の激走馬に高評価「A」 前走以上のデキで「ひと皮むけた印象」

◆【B評価】人気一角に不満の低評価「B」 ピーク時と比べれば物足りず「反応が鈍い」

▼データ予想
◆【データ攻略-前編】ステラヴェローチェに降りかかる「勝率0%」という不安要素とは

◆【データ攻略-後編】「馬券内率100%」が後押しする想定10番人気前後の穴馬候補

◆【騎手データ】中京芝2200mで高い連対率を誇る川田将雅、条件合致で“鉄板”100%に上昇

▼その他データ傾向
◆【枠順】人気の4歳世代に明暗、ヨーホーレイクは鬼門の5枠に入る

◆【血統傾向】「血統×冬季」の組み合わせで浮上する単勝回収率「540%」の穴馬に“一撃”を期待

◆【脚質傾向】上がり最速馬は「連対率70%超」 昨年は13人気ミスマンマミーアの激走で波乱

◆【前走ローテ】各組1勝ずつの難解なハンデ重賞、「2500m」の好走条件とは

◆【人気傾向】1・2番人気が過去7勝 注目は「軽ハンデ」の伏兵馬

文・西舘洸希(SPREAD編集部)


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします