Advertisement

【三菱ラリーアート正史】第1回 ブランドの復活宣言から、その黎明期を振り返る

 

【三菱ラリーアート正史】第1回 ブランドの復活宣言から、その黎明期を振り返る

三菱自動車加藤隆雄代表執行役社長(兼最高経営責任者 以下加藤社長)は2021年11月30日、ニュースリリースを通してこう発した。

「三菱自動車、そしてラリーアートファンのみなさまへ、ラリーアートブランドの新しい商品をお届けできる事をとても嬉しく感じております。(中略)新生ラリーアートにどうぞご期待ください」。

タイで公開された、ともに現地仕様車のトライトン(ピックアップトラック)とパジェロスポーツ(SUV)の「ラリーアート」発売に際してのコメントだ。三菱自動車のモータースポーツ活動全盛期に社員として過ごし、また少なからず関わった一人として、待ちに待ったその一言に、魂を揺さぶられた

タイで発売となったトライトン、パジェロスポーツ (C)三菱自動車

■歴史をなぞるRALLIART復活劇

2021年5月の三菱自動車決算報告で発表されたブランド復活宣言から半年を経て、初めて形にされたラリーアートの新しいスタート。海外での商品設定が先になったのを少々残念に思ったファンも多かっただろう。しかし海外で先行するのは、かつてのRALLIARTと同じ。再び歴史をトレースしようとしているかのようだ、と私は思った。

年が明けて2022年の東京オートサロンでは今後のビジョンを示すコンセプトカー「Vision RALLIART Concept」とともに、新型アウトランダーPHEVエクリプスクロスPHEVに市販予定のラリーアート用品を装着し展示、ロゴ入りキャラクター商品の試験販売がされた。いよいよラリーアートが日本でも動き出したのだ。

◆「パリダカの三菱」が復活か 東京オートサロン2022で『VISION RALLIART CONCEPT』お披露目

東京オートサロン2022でお披露目されたVISION RALLIART CONCEPT (C)三菱自動車

 
かつてのラリーアートが事業を停止したのが2010年3月。それまで三菱自動車のモータースポーツ事業運営を担い、世界ラリー選手権WRC)やダカールラリーでの数々の栄冠をもたらすと共に国内外のプライベーターの支援、ファンサービスなど広範囲の業務で三菱自動車の販売促進とイメージアップに貢献していた。2009年のダカールラリーを最後にワークス・モータースポーツ活動を終了した三菱自動車は、翌年にはユーザーサービス窓口として機能していたラリーアートも、対外的には業務縮小と表現されたものの、業務を終了させた。

Advertisement


三菱自動車は消費者と向き合うB to Cの企業だ。付加価値の高い耐久消費財である自動車を販売会社を通して消費者に届けるのが使命。企業間取引のB to Bの企業が看板事業を廃止して新聞の経済面をにぎわす以上の落胆を、ファンや関係者にストレートに与えたのは紛れもない事実だろう。

時は流れ、いまだ業績回復の途上にある三菱自動車は長らく封印していた「ラリーアート」の復活を決断した。10年を超える空白期間に、三菱をモータースポーツの側から支えたラリーアートの存在を知らない世代も増えてきていると思う。その証左に、ラリーアートに関するメディアやネットの記述、また今回の復活宣言以降に掲載された記事などを読むと誤りの多さにも気づく。

そこで、三菱自動車にとってラリーアートとはどのような存在だったのか、どんな役割を果たしてきたのかを改めて確認するため、当時三菱自動車の末端に席を置きながらもラリーアートと浅からぬ関わりを持った私が筆を取った次第である。