【格闘技/RISE】那須川天心、ラストマッチは試合も衣装もド派手に「ヒップホップな試合がしたい」

RISEラストマッチで風音戦に臨む那須川天心(写真提供:RISE)

4月2日に国立代々木競技場にて開催される「ELDORADO 2022」でRISEラストマッチを迎える那須川天心が24日、オンライン上で公開練習を行い、シャドーとミット打ちを披露した。

練習後のインタビューでは、「キレもスピードも威力も、すべてにおいて上がっている。ここにきてまた成長できている」と練習の好調ぶりをアピールした。

◆「俺と風音で叩きのめす」那須川天心の父・弘幸会長が“史上最大の親子喧嘩”に臨むワケ

■「派手に、ヒップホップな試合がしたい」

ラストマッチとなる風音戦については、「色んな感情はありましたが(今は)すっきりしている。あと2試合なので、色んな技をやりたい。そのとき思ったことをやるだけ。最近考えるのをやめたので、試合を見てからのお楽しみ」と、ラストマッチに特別な思いを馳せつつも、試合は自分の感覚に任せる様子だ。

キレキレのミット打ちを披露した那須川天心(写真提供:RISE)

今回の試合テーマは「愛と殺意」と語った那須川。同門・風音は「気持ちの塊」と評し、気持ちが一番の武器だとした。対して自分は「その(気持ちの強さ)次元でやっていないというのが正直ある」と格の違いを強調。さらに、「作戦とかは今回本当にない。自分自身を高める練習だけしてきた。(あとはどう)無意識で動けるか」と自分の実力を試したいとした。

昨年の大晦日RIZINでは涙を見せていた那須川だが、今回は「最後なので、派手にヒップホップな試合がしたい」、入場時のコスチュームについては「装飾品をめっちゃ派手にキラキラしていきたい」と、派手な試合と演出にこだわる考えを明かしている。4月のRISEラストマッチは競技としてだけでなくエンターテインメントとしても楽しませてくれる期待の一戦となりそうだ。

◆那須川天心と対決控える風音が圧倒的不利の下馬評に反論「普通を覆してきたのが僕」

◆那須川天心、卒業マッチのセコンドに朝倉未来示唆「面白いことを考えていて…」

◆【天心vs武尊】朝倉未来ら格闘家たちの「ドリームマッチ」勝敗予想まとめ

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします