【MLB】大谷翔平、初回に今季初安打初得点も…投手陣が踏ん張れずチームは2連敗

エンゼルス・大谷翔平(C)Getty Images

ロサンゼルス・エンゼルス大谷翔平は8日(日本時間9日)、ヒューストン・アストロズ戦に「1番DH」でスタメン出場。第1打席で今季初安打を記録し、4番ジャレド・ウォルシュの適時打でホームへ帰還、今季初得点をマークした。

◆【実際の映像】4番ウォルシュのレフト前適時打で大谷翔平が同点のホームイン

■大谷のチャンスメイクでエンゼルス逆転も…

1回表に先制弾を浴び、エンゼルスの1点ビハインドで迎えた1回裏、大谷は相手先発のジェイク・オドリッジが投じた外角低めのスプリットにバットを合わせ、センター前へ運ぶ今季初安打を記録した。

3番アンソニー・レンドンがセンター前への安打で続いて、1死一、二塁のチャンスとなり、4番ジャレド・ウォルシュが打った打球はレフト方向へ。二塁走者の大谷は、打球が左翼手の前に落ちたのを確認すると、一気に三塁ベースも回り、そのままホームへ帰還、同点とした。その後、相手の捕逸の間にレンドンがホームに戻り逆転に成功、大谷のチャンスメイクから試合をひっくり返した。

しかしその後、アストロズの一発攻勢で逆転を許し、試合は13-6でエンゼルスが敗れ、開幕から2連敗となった。大谷は第2打席以降に凡打が続いて、5打数1安打、打率.111とした。

◆大谷翔平、開幕戦“奪三振SHO”で本拠地ファン喝采……自慢のトラウタニ打線も援護なく初黒星

◆大谷翔平 史上初「50-50」あるぞ! エンゼルス番記者が超絶予想!

◆パドレス・ダルビッシュ有、3度目開幕投手で6回無安打快投も白星ならず 元阪神スアレスが大乱調

文・SPREAD編集部


この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします